ハースF1代表 「ミックの母親との会話で初めてシートの不具合を知った」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハがシートに問題を抱えていることについて、母親のコリーナ・シューマッハとの会話で初めて知ったと語った。

ミック・シューマッハは、今週末のF1シュタイアーマルクGPに先立つ記者会見で、これまでのシーズンを通してシートポジションが真っすぐではないという問題を抱えていたことを明かした。

ミック・シューマッハは、F1フランスGPのレース後のパルクフェルメでメンター的存在であるセバスチャン・ベッテルに彼の“曲がった”シートを見てもらうよう頼んでおり、その様子が車載カメラに収められていた。

ギュンター・シュタイナーは、ポール・リカールでミック・シューマッハの母親であるコリーナとの会話の中でシートが合っていなかったことを初めて知らせたと語った。

「彼のお母さんがフランスでシートに何か問題があると私に言ったときに初めて知った」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「私は『それは知らなかった』と答えた。彼は新しいシートを作りたいはずなので、またエスカレートすると思った。だが、昨日だったと思うが、彼は自分で『緊急性はない』と言っていた」

「彼は完全に真っ直ぐではないと思う。つまり、何らかのプレッシャーなどがあるしれない。しかし、彼は45度で座っているわけではない。彼の体は完全にねじれていないか、マシンがまっすぐではないかだ」

「セバスチャンがマシンを見ていたので、それは大きな物語になった。それについて問題ない。だが、彼のお母さんがそれについて私に言うまで私は気づいていなかった。これほど悪いことはない。我々は彼が望み、我々がそうするのに適切な立場にあると彼が考えたときにすぐにシートと作るつもりだ」

ミック・シューマッハは、この問題は大きな問題ではないと強調し、チームが近い将来に席を変更する計画があることを確認した。

「おそらく一部の人が考えるほど悪くはない」とミック・シューマッハは付け加えた。

「小さなオフセットがあるけど、それはジュニアカテゴリーでも慣れている。公平を期すために言うと、それは運転するときに僕に害を及ぼすことはない」

「僕たちにとって二次的な関心事だ。僕たちにとっては、週末に向けてすべてを準備し、そのレベルで準備することが重要だ。今の僕にそこまで影響を与えていない何かに取り組むことで無駄にするのではなく、他のものに焦点を合わせた方がいい」

「でも、それは計画されているし、夏休みの後はもう少し真っすぐなシートで戻ってくることは間違いない」

「僕たちはシーズンの初めにかなり多くのことに取り組んできた。僕は続けるのに十分快適なものに行き着いた。だから、そのままにしておいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ