ハースF1、2021年のグロージャン/マグヌッセンの代役起用を除外せず
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年シーズン中に代役ドライバーが必要になった場合、昨年までドライバーを務めたロマン・グロージャンもしくはケビン・マグヌッセンを起用する可能性を除外していない。

ただし、レギュラードライバーのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンに土壇場で問題が発生した場合に備えて、すべてのレースとトラックに帯同できるリザーブドライバーを採用することが優先される。

元ハースのF1ドライバーは二人とも活動の場をアメリカに移しており、ケビン・マグヌッセンはIMSスポーツカー選手権に転向して最近のデイトナ24時間レースに出場。ロマン・グロージャンはインディカーへの移籍が発表されている。

二人ともリザーブドライバーとして定期的にF1レースに帯同することはできないが、他のコミットメントがなく、会場に到着するための十分なリードタイムがあれば、呼び出すことは可能な状況となっている。

今週、ロマン・グロージャンは、F1チームから電話がかかってきた場合は参加する準備ができていることを明らかにした。

「彼らがフリーであるかどうかは気にしない」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼らも戻ってくることを喜んでくれると思う。彼らに尋ねていないが、彼らは悪い感情を持っているとは思っていない」

ギュンター・シュタイナーはまだ定期的に二人のドライバーと連絡を取り合っており、彼らが新しい仕事を見つけたことを喜んでいると語る。

「実際、直前にロマンにテキストメッセージを送っていた。彼に尋ねなければならないことがあったからね。先週末、ケビンがデイトナにいたときには彼と話をした。だから、彼らのためにとてもうれしく思っている」とギュンター・シュタイナーは語った。

「いつも言われているように、我々は別の道に進んだが、実際にはまだ一緒に働いていると思っている。副次的な影響はなかった。確かに、彼らは幸せではなかったが、不幸ではなかった。彼らは楽しい時間を過ごしましたし、我々も楽しい時間を過ごした」

「どんなよいことにも終わりがある。それはそれらの1つでした。だが我々はまだ関係を保っている。彼らが自部宇辰がやりたいことをし続けていることをとてもうれしく思っている」

ギュンター・シュタイナーは、チームが昨年のように現場で待機するリザーブドライバーを確保するつもりであることを確認し、2020年の最後の2つのイベントで負傷したロマン・グロージャンの代役を務めたピエトロ・フィッティパルディとの契約を更新することを除外していない。

「新型コロナウイルスのせいで、今年は昨年と同じようにサードドライバーの起用を続けなければならないと思う。いつ感染るかわからない。今すぐにトラックでサードドライバーが必要になる場合がある」とギュンター・シュタイナーは語った。

「誰かに名前をを発表することを急いではない。もちろん、我々ピエトロと話している。しかし、彼の側からではなく、我々が大きく急いでいることはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ロマン・グロージャン / ケビン・マグヌッセン