ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンがもたらす資金の重要性を認める
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンを乗せることでチームを安定させるスポンサーシップがもたらされることを認めている。

ハースF1チームがロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両方が2020年シーズンの終わりにチームを去ることを発表した後、2021年にオールルーキーのラインナップに切り替わるという噂が急速に広まった。

最も頻繁に登場した名前は、最終的にF2でチャンピオンを獲得したミック・シューマッハとそのライバルのニキータ・マゼピンだった。最終的にその二人がハースF1チームのラインナップを完成させた。

多くの人々は、ニキータ・マゼピンを起用するという決定は、彼がもたらすことができるスポンサー資金に大きく影響されていると考えた。父親であるドミトリー・マゼピンは、ロシアの肥料会社ウラリカリの会長を務める大富豪だ。

ギュンター・シュタイナーは、マゼピン親子がハースF1チームにもたらす資金が重要な役割を果たしていることを認め、ビジネスとしての最終目標は財政面を安定させることだと述べた。

「ビジネスをしていて、しばらく投資している場合、ある段階でそれを持続可能なビジネスにすることを試みる必要がある」とギュンター・シュタイナーは述べた。

「我々はF1でハースの名前を確立させた。現在は有名なチームであり、より多くの商用パートナーに門戸を開いている」

「ドミトリー・マゼピンは会社を持っている。そして、彼がスポンサーとして協力してくれるのであれば、なぜいけないのか?」

F1のペイドライバーの概念、つまりチームに能力よりも多くの資金を提供することでグリッドに参加するレーサーは、F1でより一般的になりつつある。

現在のグリッドのうち、ランス・ストロールは2017年に億万長者の父親であるローレンス・ストロールの支援を受けてウィリアムズF1に加入し、父親がチームを買収したときにレーシング・ポイント(現在はアストンマーティン)に移籍した。

ニコラス・ラティフィも2020年にウィリアムズF1と共にF1グリッドに加わり、裕福な家族から大きな財政的パッケージをもたらした。

もちろん、ドライバーが資金を持ち込んでF1に参加し、大きな成功を収めることもある。セルジオ・ペレスがその良い例だ。

だが、ギュンター・シュタイナーは、ハースF1チームや他チームが資金のないドライバーを起用することを期待される理由を理解できないと語る。

「優れたドライバーが財政的支援を受けている場合、確かに、彼は同等に優れているが財政的支援を受けていない誰かよりも良いチャンスがあるのは確かだ」とギュンター・シュタイナーは語る。

「なぜ財政的支援のないドライバーを選ぶ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニキータ・マゼピン