ハースF1チーム、新型コロナウイルス後のF1参戦継続に自信
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームオーナーであるジーン・ハースが新型コロナウイルス以降も引き続きF1にコミットすると確信していると語る。

新型コロナウイルスの世界的流行によって、突然、F1は休止に追い込まれ、小規模チームはその存続が危ぶまれている。だが、それ以前に2019年をランキング9位で終えた後、ジーン・ハースはF1の価値について公然と疑問視していた。

「我々が言ったことはすべて忘れてほしい。状況は変わったとギュンター・シュタイナーは Ekstra Bladet に語った。

「ジーンは続けることを望んでいると思うが、我々はお金を無駄にすることなく今シーズンを乗り切れることを確認する必要がある」

「私は継続すると確信しているし、この危機を通じてほぼ毎日ジーンと話をしている。すべてのおいて彼に最新情報を伝えている。危機の時には、すべてがスムーズに動いているときよりも彼を必要としている」

「彼はそれを高く評価し、我々は継続して努力していることを見ている。以前い言ったすべてはゴミ箱に捨ててほしい。今、我々は今年再びレースをすることに苦労している」

「我々がどのようなパフォーマンスだったかは忘れ、スポンサーが投資から利益を得られるようにレースをする必要がある。収入がないとき、チームは他のビジネスと同じだ」

だが、2021は別の問題だ。特に、F1チームが2025年まで続く次のコンコルド契約にまだサインしていない。

「最終期限はコンコルド協定の調印になる」とギュンター・シュタイナーは認める。

「そして、ご存知のように、予算上限について多くの議論がなされている。合意されるまではどのチームもサインはしない。したがって、中期的に考えれば、短期間でフィックスさせる必要がある。だが、我々にあ続ける意欲があると思っている」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、新型コロナウイルスのパンデミックの最中にチームが財政的に崩壊した場合、リバティ・メディアがチームを救済すると考えている。

「FIAとFOMは10チームとスポーツの良い未来を築くために多大な努力をしている。彼らは現在10の良いチームがあり、目標は全員を維持することであるべきだと言っている」

「これは我々にとって非常に深刻であり、 F1全体にとっても深刻だ。だが、順調に進んでいると思う」

「安全が確保され次第、すぐに再開する必要がある。誰も働いていなければ、どこにも資金はないので、政府も再開を試みている」

「かなりシンプルなことだ。我々は慈善団体ではない。ビジネスであり、人々は給料を得なければならない。しかし、安全になるまでは始められない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース