ハースF1チーム、リッチエナジーとのタイトルスポンサー契約終了を発表
ハースF1チームは、リッチエナジーとのF1選手権におけるパートナーシップを終了することを発表した。

今年、ハースF1チームはエナジードリンク企業のリッチエナジーとタイトルスポンサー契約を結んで『リッチエナジー・ハースF1チーム』として参戦。マシンカラーは同社の飲料缶に採用されているブラックとゴールドのカラーリングに変更された。

しかし、リッチエナジーは今年7月にオーナーを巡った内紛が勃発。“パフォーマンス不足”を理由にハースF1チームのタイトルスポンサー契約を終了すると主張した元オーナーのウィリアム・ストーリーが会社を追放され、同社は社名をライトニングボルトに変更して存続していた。

その後もハースF1チームにはリッチエナジーのロゴとカラーリングが採用されていたが、9月9日(月)、ハースはパートナーシップを終了することを発表した。

「ハースF1チームとリッチエナジーは、FIA F11世界選手権でのパートナーシップを直ちに終了することで友好的に合意した」とハースF1チームは声明で発表。

「2019年のハースF1チームのタイトルパートナーシップを通じて、相当なブランド認知と重要な露出を享受しながら、企業再編プロセスにより、リッチエナジーはグローバル戦略の改定の必要性を認識している」

「その後、ハースF1チームとリッチエナジーは、既存のパートナーシップを終了することが両当事者にとって最善の方法であると結論付けた」

「ハースF1チームは、リッチエナジーの株主に感謝を表明するとともに、今後の活躍を祈っている」

今回のタイトルスポンサー契約の終了により、次戦シンガポールGPで新たなマシンカラーリングが発表されると考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1スポンサー