F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ロマン・グロージャンは、F1はハースのような野心的なチームがもっと増えることで利益を得ることになると考えている。

アメリカのNASCARで実績を挙げたハースは、2016年にフェラーリと密接な技術パートナーシップを結んでF1への参戦を開始。2018年は3強チームとワークスルノーに次ぐコンストラクターズ選手権5位でシーズンを終えた。

「ハースは、F1を素晴らしいものにしていることのひとつだと思う」とロマン・グロージャンは Players' Tribune のコラムで語った。

「チームは、決意の固いゴールセッター、独創的な技術を考え出す人たち、そうだね、さらにクレイジーなドリーマーたちで満たされている」

「僕はこのチームの一員になれて幸運だ。F1にはハースのようなチームがもっと必要だ」

ロマン・グロージャンは、ハースにとって初レースとなる2016年の開幕戦オーストラリアGPで直面した困難を回想する。

「2016年のオーストラリアでの僕たちの初グランプリはカオスだった」とロマン・グロージャンは語る。

「プレシーズンテストで多くの周回を走ることができず、僕たちはクルマの情報がほとんどない状態でメルボルンに臨んだ。そうしたら、金曜日は雨で走れなかった。無線が機能しているかさえわからなかった」

「土曜日になってようやくガレージを出ることができたけど、ピットレーンで誰かにヒットされて、クルマのフロアを交換しなければならず、さらに時間を失うことになってしまった」

「そのあとの予選は大惨事だったね。F1は数週間後に廃止される新しい馬鹿げた予選スタイルを導入していたからね」

「でも、そのあと日曜日に起こった。レースが終わり、僕たちは6位だった。ポイント圏内だ。信じられなかった。本当にアメージングだったね」

「僕たちはレースをフィニッシュできればラッキーだくらいに思っていた。グランプリ中にテレメトリは壊れていた。無縁も時々故障していた。僕たちのクルマはその週末までフルレースディスタンスを走ってさえいなかった」

ロマン・グロージャンは、ハースのストーリーは、新しいチームがスポーツに参入して成功を味わえることを示していると語る。

「自分のキャリアを振り返ったとき、すぐにあの日のことを考えるだろう。あのストーリーが大好きなんだ。愛おしい週末だった」

「F1は弱者にはほとんどチャンスのないスポーツのように思えるからね。僕だって、他のみんあと同じくらいそのことはわかっている。でも、2016年のオーストラリアのような結果が起これば、決意の固い人々のグループに何ができるかを直接目にできるものだ・・・自分のことをさらに信じれるようになる」

「オーストラリアの無線で言ったように、チーム毎に“勝利”のみは異なるかもしれない。F1の現実ははっきりしている。一貫してレースに勝てる現実的なチャンスのための人員やお産のあるチームは2~3チームだ」

「とにかくそういうものなんだ。良くも悪くもない。ただ、そういうものなんだ。中団にいると少し大変なこともある。でも、ジーン・ハースが中断でフィニッシュするためにF1にいるうわけではないことはわかっている。それが僕たちの将来について本当に興奮している理由だ。この冬にテストをして、新車を目にするのを本当に楽しみにしている。自分たちのことを信じているからね」

「そして、ハースが成功者たちと同じレベルにいたれば、今後数年がどれくらい難しいタスクかを僕たちはわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン | ハース