F1 ロマン・グロージャン アメリカGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1アメリカGPのオープニングラップでのシャルル・ルクレールとのクラッシュに対して次戦F1メキシコGPでの3グリッド降格ペナルティと2点のペナルティポイントを科せられた。

ロマン・グローシャンは、F1アメリカGPの1周目にシャルル・ルクレールに追突。シャルル・ルクレールはスピンを喫していた。グロージャンはレースをリタイアしていた。

レース後、スチュワードはインシデントを調査し、ロマン・グロージャンに次戦F1メキシコGPでの3グリッド降格ペナルティと2点のペナルティポイントを科した。

これでロマン・グロージャンのペナルティポイントは10点となった。12ヶ月以内にペナルティポイントが累積12点に到達するとドライバーは1レースの出場停止となる。

スチュワードは、ロマン・グロージャンが「前方のクルマのポジションによって早めにリフトし、ブレーキをかけたが、それでも接触が起こることを認識してしなければならなかった」と声明で語った。

関連:F1アメリカGP 結果:キミ・ライコネンが113戦ぶりの優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース