ウィリアムズF1技術者 「ラッセルはハミルトンとバトンの中間のスタイル」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルが、ルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンの中間のような独特なドライビングスタイルを持っていると感じている。

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、2019年にウィリアムズでF1デビュー。グローブのチームで3シーズンを過ごした後、2022年にメルセデスF1に昇格し、これまでのキャリアで最大の挑戦に備えている。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1で現在のF1グリッドで最も記録を残しているドライバーとチームを組む。7回のF1ワールドチャンピオンであり、史上最多の103勝を挙げているルイス・ハミルトンだ。

デイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルのドライビングスタイルを、ルイス・ハミルトンと2009年のF1ワールドチャンピオンでマクラーレン時代にハミルトンのチームメイトだったジェンソン・バトンといくつか類似点があるとし、ちょうどその中間のようなスタイルだと語る。

デイブ・ロブソンは、ジェンソン・バトンがルイス・ハミルトンのチームメイトとしてマクラーレンに加入した2010年にバトンのレースエンジニアとして働いていた。

ジョージ・ラッセルのドライビングスタイルを、ルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンとどのように比較できるかと質問されたデイブ・ロブソンは「良い質問だ。ジェンソンとルイスはかなり異なるし、ドライビングスタイルという点ではジョージも異なると思う」と語った。

「彼は2人の中間のような感じだ。ある程度タイヤの使い方についてだ。それらは変わってしまったので、ルイスの最近のスタイルは分からないがね」

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1での時間を通して感銘を与え、2021年は16ポイントを獲得するこれまでで最強のシーズンを贈った。

ハイライトは間違いなくF1ベルギーGPで、ジョージ・ラッセルはウェットコンディションで予選2番手を獲得。悪天候によって決勝がセーフティカー先導での2周後に終了したことでそれが最終リザルトとなった。

その後、ジョージ・ラッセルはF1ロシアGPのドライトラックでの予選で3番手を獲得している。

もちろん、ルイス・ハミルトンのチームメイトとしてメルセデスF1に移籍することはまったく別の課題だが、デイブ・ロブソンはジョージ・ラッセルの適応力と、継続的に改善する能力を賞賛し、メルセデスF1で結果を出せる能力があると信じていると語る。

「最も重要なことは、ジョージが適応できることだ」とデイブ・ロブソンは語った。

「彼は非常に本能的に運転し、改善し続けていると思う。彼には才能がある」

デイブ・ロブソンが指摘したように、集団の前で競争することは、ポイント圏内に食い込むことが大きな成果であったウィリアムズの状況とはまったく異なることであるため、適応するその能力が2022年に重要になる。

「それらの人たちにとって、週末は他の人たちとは違うものだと思う」とデイブ・ロブソンは語る。

「それは特に土曜日に当てはまるが、最前線にいるときはレースの全体的なダイナミクスは異なる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ルイス・ハミルトン / メルセデス