ジョージ・ラッセル 「今回の件でメルセデスF1との関係が拗れることはない」
ジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPでのバルテリ・ボッタスとのクラッシュによって、親チームのメルセデスF1との関係が損なわれることはないと信じていると語る。

ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で9位をかけてバルテリ・ボッタスを追い抜こうとしたときに接触し、大クラッシュを引き起こした。

クラッシュによって両者はレースからリタイアを余儀なくされ、コース上にデブリが散らばったため赤旗中断となった。この事故でバルテリ・ボッタスのマシンは大破し、ほぼ廃車となった。

バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルは、このクラッシュについてお互いを非難した。だが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフの行動を良く思ってはおらず、メルセデスの契約ドライバーだるラッセルは親チームのマシンにもっと注意を払わなければならないことを示唆。「学ばなければならないことがたくさんある」と語った。

ジョージ・ラッセルは、月曜日の夜に謝罪文を発表し、「状況全体をもっとうまく処理すべきだった」と反省の念を述べた。

謝罪文を発表する前、ジョージ・ラッセルは、今回の事故がメルセデスとの関係に悪影響を及ぼすことないと確信していると語った。

ジョージ・ラッセルは、2017年からメルセデスのジュニアプログラムのメンバーであり、2022年にはバルテリ・ボッタスまたはルイス・ハミルトンのどちらかに代わってワークスチームのドライバーを務めると広く言われている。

「今回のことがメルセデスとの僕の関係を損なうことはないだろう」とジョージ・ラッセルは語った。

「すでに彼らとは話をしたし、双方からの理解がある。僕からすると、結果を切望しているときに、それがどのマシンであるかはあまり考慮していないと思う。でも、結局のところ、仕掛けは完全に問題なかったと思う」

「ストレートの4分の3に過ぎなかったし、湿っていなければ、明らかに簡単な単純な追い越しだっただろう」

「僕が仕掛けたポイントは、湿っていなかった。トラックが左に向かっていて、少し右に絞られていた。そこが湿っていた」

クラッシュ後、ジョージ・ラッセルは、マシンを降りて「殺す気か」と問い詰めてバルテリ・ボッタスのヘルメットを叩き、ボッタスは中指を立てて応えた。

「感情が高ぶっているなかで、その後、どのように反応すべきだったか? おそらくあのような行動を取るべきではない合った」とジョージ・ラッセルは語った。

「でも、言ったように、感情は信じられないほど高ぶっている。僕たちは言葉を交わした。それだけのことだ」

ジョージ・ラッセルは、今週、バルテリ・ボッタスに連絡をとってわだかまりを解くことを計画しているが、トト・ヴォルフもジョージ・ラッセルとクラッシュについて話し合うつもりだと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス