ジョージ・ラッセルの2019年12月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズF1 「ジョージ・ラッセルはマンセルを彷彿させる」

2019年12月24日
ウィリアムズF1 「ジョージ・ラッセルはマンセルを彷彿させる」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、厳しいルーキーシーズンとなったジョージ・ラッセルのパフォーマンスを表彰した。

F2チャンピオンとしてF1に昇格したジョージ・ラッセルだったが、ウィリアムズの2019年のパフォーマンスは乏しく、同じF2卒業生のランド・ノリスやアレクサンダー・アルボンとは異なり、後方での戦いを余儀なくされた。

ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破

2019年12月10日
ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破
ジョージ・ラッセルは、2日間にわたってヤス・マリーナ・サーキットでテストで行われたピレリの2021年の18インチF1タイヤ向けに改良されたメルセデス W10で218周を走破した。

F1は2021年に現行の13インチホイールから18インチホイールに切り替わり、今年ピレリは開発に必要なデータを収集するために大径ホイールで走行するために改良された“ミュールカー”でのテストを開始している。

ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト

2019年12月9日
ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト
ジョージ・ラッセルは。2021年のF1世界選手権で導入されるピレリの18インチタイヤをメルセデスのF1マシンでテストした。

ピレリは、18インチタイヤの実車でのテストを開始。今月に入ってからルノーとマクラーレンがそれぞれ2日間のテストを実施していた。

エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」

2019年12月3日
エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」
エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルの代役として招集されたが、ウィリアムズのマシンに乗るには身長が高すぎたため、いずれにしてもF1アブダビGPでレースをすることはできなかったと明かした。

ジョージ・ラッセルは、F1アブダビGPの週末に体調不良を訴え、ウィリアムズはメルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンにコンタクトをとった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム