ジョージ・ラッセルの2019年10月のF1情報を一覧表示します。

アレクサンダー・アルボン、F1でノーポイントのラッセルをからかう

2019年10月24日
アレクサンダー・アルボン、F1でノーポイントのラッセルをからかう
レッドブル・ホンダのF1ドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、同じルーキードライバーのジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)のポイント不足を“からかって”はいるが、ラッセルのF1での将来については心配していないと語る。

F2卒業生であるアレクサンダー・アルボンとランド・ノリス(マクラーレン)はグリッドの上位争いに絡んでいるが、F2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、戦闘力の低いウィリアムズで最後尾でのレースを強いられ、まだF1ポイントを獲得できないでいる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」

2019年10月21日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでのF1初シーズンに後悔はしていないと語る。

F2チャンピオンとして今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだが、今シーズンまで唯一ポイントを獲得できていないドライバーとなっている。チームメイトのロバート・クビサは、ウィリアムズで唯一となる1ポイントを獲得している。

ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」

2019年10月18日
ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」 / ウィリアムズF1チーム
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズにブレーキ問題の緊急な解決を求めている。

かつての名門チームであるウィリアムズだが、近年はグリッド最後尾が定位置となっており、グランプリのために十分なスペアパーツを製造することができないほどの危機に瀕している。

ロバート・クビサは、F1日本GPでプラクティス後に何の説明もなく新しいフロントウイングを取り外され、“限度を超えた”と憤りを示していた。

ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」

2019年10月8日
ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」 / ウィリアムズ F1日本GP プレビュー
ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

「日本はずっと楽しみにしていたレースだし、運転するのが待ち切れない素晴らしいサーキットだ。ファンは本当に情熱的だし、リザーブドライバーとして一度しか行ったことがないけど、本当に素晴らしい気分だった」とジョージ・ラッセルはコメント。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム