マックス・モズレーとジャン・トッド
FIAのマックス・モズレー会長は、10月に再出馬しなっことを発表し、後任にはジェン・トッドが好ましいとの意見を述べた。

今日、マックス・モズレーはFIAメンバーに書簡を送り、メンバーからの再出馬への働きかけにかかわらず、FIA会長を辞任することを決心したことを伝えた。

マックス・モズレーは、数日中にF1の将来を確保する新しいコンコルド協定が締結されるのを期待しており、辞任するという当初の意向を変える理由はないとしている。

「個人的な見解では、考えを変えて、再出馬するのは難しいだろう」

「私は次の10月に向けて、数ヶ月前から家庭生活を整理しはじめた。FIAのシニアスタッフにも立候補しないことを伝えた。継続することは、家庭の予定を複雑にし、特に最近の死去のあとで、家族に対する義務に反する。私はしばらく仕事を減らしたいと感じていた。私は来年で70歳になる」

「新しい準備に対して、私が受け取った全ての手紙、Eメール、メッセージに非常に感謝しており、決定を再確認することに決めた。私は10月に再出馬はしないつもりだ」

FIA会長の後任には元WRCチャンピオンであるアリ・バタネンが最有力とみられているが、マックス・モズレーは、元フェラーリ・チーム代表であるジャン・トッドを支持している。

「私はジャン・トッドがチームのトップに相応しい人物だと考えている。強く、経験があり、将来のFIAを導く力量がある」

「ジャンは、彼の世代、おそらくどの世代におちても傑出したモータースポーツマネージャーなのは間違いない」

「彼が立候補することに合意するのであれば、彼は継続するだけでなく、ここ16年の仕事を拡大するためにも理想的な人物だと思う。彼はFIAが活動するあらゆる分野で信頼されることだろう。あなたが彼をサポートすることを心から願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FOTA