フォーミュラE
フォーミュラE 第2戦 マラケシュ E-Prixの決勝レースが1月12日(土)にモロッコのマラケシュ市街地コースで行われた。

レースはスタートから波乱。1コーナーでは2番グリッドのジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)がポールポジションからスタートしたサム・バード(ヴァージン)に仕掛けるも接触してスピン。

シャン・エリック・ベルニュは、最後尾まで後退し、セバスチャン・ブエミ(日産e.dams)を含む何台かはベルニュを避けるためにコースオフを余儀なくされて順位を落とす。

サム・バードは接触された影響を受けずにリードを維持。アレクサンダー・シムズ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタとBMW勢が2~3番手に続く。しかし、残り30分でBMW勢がサム・バードを攻略。アントニオ・フェリックス・ダ・コスタがトップ、アレクサンダー・シムズが2番手に続き、後続を引き離して独走体制を築く。

しかし、残り9分でBMW勢が同士討ち。シムズが抜きにかかって接触し、開幕戦のウィナーであるダ・コスタがリタイアとなる。この接触でセーフティカーが導入され、残り4分を切ったことで多くのドライバーが最後のアタックモードを起動させる。

45分のレース時間が終了し、最終ラップでレースが再開。先頭に立ったジェローム・ダンブロシオ(マヒンドラ)が順位を守ってチェッカー。シーズン2のメキシコシティ以来の通算3勝目。マヒンドラにとっても1年ぶりの優勝となった。

2位にはロビン・フラインス、3位にはサム・バードが続き、ヴァージンがダブル表彰台を獲得した。

4位にはアレクサンダー・シムズ、オープニングラップで最後尾に落ちたジャン・エリック・ベルニュが5位でレースをフィニッシュした。

日産e.damsは、セバスチャン・ブエミが8位、オリバー・ローランドが15位。フェリペ・マッサ(ベンチュリー)は完走中最下位の18位でレースを終えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE