F1 フォース・インディア オーストリアグランプリ
フォース・インディアは、今週末のF1オーストリアGPでF1参戦200戦という節目を迎える。

スパイカーを買収して2008年からF1に参戦するフォース・インディアは、過去2年間のチャンオンシップをコンストラクターズ選手権4位でフィニッシュ。今シーズンは不運に恵まれることが多く6位と低迷しているが、4位のルノーとの差は34ポイントとまだ十分に射程圏内のところにつけている。

「我々の200戦目のレース週末であり、特別な結果でマイルストーンを祝えたら素晴らしいだろう」とフォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マルヤはコメント。

「2008年以降、長い旅だし、我々が達成してきた結果、特に2016年と2017年の結果をとても誇りに思っている」

「5週間で4戦というシーズンの信じられないくらい忙しい時期であり、グリッドの中団の戦いは非常に接戦のままだ。シーズンが進行し、中団のトップにいられるように懸命に仕事を続けていく。

2013年にマクラーレンで不遇のシーズンを過ごした後、2014年にフォース・インディアに加入したセルジオ・ペレスは、過去数シーズンのフォース・インディスの成功は予想を大きく上回ったと認める。

「200戦はチームにとって非常に特別な瞬間だし、僕の人生の5年間の大きな部分を占めてきた」とセルジオ・ペレスはコメント。

「5回の表彰台を含め、このチームには多くの思い出がある。2013年末に加入したときは、一緒にこのような成功を収められるとは思っていなかった」

「僕たちは一緒に大きく成長し、僕もチームの最高のシーズンを楽しんできた」

現在、セルジオ・ペレスはドライバーズ選手権で12位につけており、2013年以来初めてトップ10外でシーズンを終える可能性に直面している。

200戦目というマイルストーンを迎えるフォース・インディアだが、財政難により、英国のエナジー飲料メーカーのリッチエナジーやインディカーなどに参戦するアンドレッティ・オートスポーツへのチーム売却が報じられている。

関連:2018年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1オーストリアGP