F1 フォース・インディア アンドレッティ・オートスポーツ
アンドレッティ・オートスポーツが、フォース・インディアの新たな買収先候補として報じられている。

最近、英国エナジードリンク企業であるリッチエナジーが、フォース・インディアの間近だと報じられており、リッチエナジーの最高経営責任者であるウィリアムズ・ストーリーも、買収提案は“原則的に合意されている”と認めていた。

しかし、新たにインディカーなどに参戦するアンドレッティ・オートスポーツが、新たな買収先候補に浮上している。

マリオ・アンドレッティは、先週末のF1カナダGPにマクラーレンのゲストとして招かれており、マクラーレンとフェルナンド・アロンソの2019年のインディカーへのフル参戦に先駆けた交渉が行われたと報じられている。

しかし、F1記者のジョー・サワードによると、アンドレッティ・オートスポーツがモントリオールを訪れた理由はそれだけではなかったと伝えている。

「マリオ・アンドレッティのパドックへの登場は、来年インディカーでフェルナンド・アロンソを走らせる契約を交渉していたのは明らかだった」とジョー・サワードはコメント。

「しかし、マリオがモントリオールを訪れた目的はそれだけではにのは明らかだった。彼は会社の会長であるJ-F・トンプソンとアンドレッティのドライバーであり、インディカー500ウィナー、元F1ドライバーであるアレクサンダー・ロッシの父親であるお馴染みのピーター・ロッシを伴っていた。

「インディカーでマクラーレンのバッチをつけたアンドレッティを走らせるアロンソとの契約に他の2人が必要ではなく、彼らは明らかに他のことに関与していたはずだ」

「リバティメディアとフォース・インディアへの訪問は、財政的に陥っているチームを獲得するために契約をまとめられるかどうかを状況を嗅ぎまわるためにそこにいることを示唆していた」

「複数の情報源によると、フォース・インディアは財政面と法律面で問題に陥るのを避けるために早急な財政的な解決策を必要としているようだ」

フォース・インディアは、単純にほんの少しのリブランディングをするだけで競争力のある完全請負契約によるF1運営を得る素晴らしいチャンスだ。だが、アンドレッティはどれくらいのコストがかかるかを把握しない限り、飛び込むことはまずあり得ないし、F1の予算制限とそのグラインドパスの問題の答えを得られるまで確実ではないだろう」

「だが、スピードは今でも不可欠であり、さもなければ、もはやガス欠で飛べなくなっているF1チームを失うことになるかもしれない。そしれ、フォース・インディアは財政危機に陥っている唯一のチームではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | インディカー