フォース・インディア F1 カーナンバー
フォース・インディアは、F1スペインGPで指摘されたカーナンバーの視認性の修正を行った。

FIAは、F1スペインGPを前にスポーティングレギュレーションを修正し、カーナンバーは“マシンの正面からはっきりと見えなければならない”と規定した。カーナンバーは、高さが最低230mmで、線の太さが最低40mm、背景と明確に対比するカラーでなければならないと定められている。

大部分のチームは、カーナンバーをはっきりと視認できる位置に配置していたが、フォース・インディアはノーズ前面ではなく、バルクヘッドの上面にナンバーを配置。

そのため、正面から見た時にナンバーを確認することは困難であり、FIAはレース後に12ヶ月の執行猶予付で2万5,000ユーロ(約11万円)の罰金を科した。

フォース・インディアは、18日(木)にシルバーストーンでフィルミングデーを実施。ノーズ全面に大型ナンバーを移動したマシンで走行を行った。また、シャークフィンにはドライバー名が配置されている。




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア