フォース・インディア
フォース・インディアは、メルセデス・ベンツとのエンジン契約を2014年以降まで延長した。

この契約により、フォース・インディアは、V6ターボエンジンがF1に導入される2014年以降もメルセデスのパワーユニットとKERSを使用することになった。

フォース・インディアは、2009年からメルセデス・ベンツのパワーユニットを搭載している。

今回、契約は拡大され、フォース・インディアは、ギアボックスとハイドロリックシステムもメルセデス製のものを使用する。

「メルセデス・ベンツとの新たな合意は、フォース・インディアの歴史で最も重要なものだ」とフォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤはコメント。

「新しいパワートレイン規約が来年導入され、F1が新たな刺激的な時代に突入するときに働くより、これ以上のパートナーがいるとは思えない」

「我々が必要としていいる長期的な安定性を与え、F1グリッドの上位への旅を継続することができる契約だ」

メルセデス・ベンツのモータースポーツ代表トト・ヴォルフは「2014年規約にパワートレインを供給する我々の初めての長期契約を発表できたことは重要なマイルストーンだ」とコメント。

「フォース・インディアは、2009年に我々の初めてのF1での本物のカスタマーであり、2014年以降、彼らとの関係を拡大し、長期的な関係に入れることを嬉しく思う」

「今回の長期契約は、価格とパフォーマンスとのバランスという面で優れた価値を提供するものだ」

「我々は、それがメルセデス・ベンツとフォース・インディアが、新しい世代のパワーユニットのライフサイクルのために協力できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォース・インディア / メルセデス