F1、人工知能ソフトウエアを導入してオンラインの誹謗中傷に宣戦布告
FIA(国際自動車連盟)は、人工知能(AI)ソフトウェアを利用して「有害」なレベルのオンラインの誹謗中傷と戦う計画を発表した.

FIA会長のモハメッド・ビン・スライエムは、オンラインコミュニティを改善しようとする統一戦線を公に呼びかけており、運営機関はソーシャルメディアプラットフォームや他のスポーツグループと共同で行う方法について話し合っている。,

モハメド・ビン・スライエムのコメントの背後にあるきっかけの1つは、最近、FIAスチュワードのシルビア・ベロットを狙った多数の殺害予告だった。

その取り組みの一環として、FIA は Arwen.ai と連携することを発表した。Arwen.ai は、AI対応のコンテンツ モデレーション プラットフォームを実装して、「FIA が有害なコンテンツのレベルを検出して削減するのを支援する」

Arwen.ai は以前に同様のプロジェクトでメルセデス、レッドブル、アルピーヌと協力していたが、すでに実施されたトライアルは成功している。

モハメド・ビン・スライエムは「運営組織 として、我々が技術的および競技規則を実施する際に下した決定に対して、時々批判を集めている」とコメント。

「我々は人々が自分の意見を持つ権利があることを尊重し、言論の自由を奨励しているが、ますます多くのソーシャルメディアの投稿が容認できないレベルの暴力を帯びている」

「その一部はFIAのスタッフとボランティアを対象としている。私は常に従業員、役人、ボランティアのために立ち上がる。これらの人々のおかげで、我々は安全で管理された環境でレースをすることができる。彼らがいなければ、レースはできない」

「最近のグランプリ週末のドライバーブリーフィングで、F1ドライバーの意見も聞いた。彼らはこの問題に対する懸念を表明しており、行動にコミットしている。我々は、モータースポーツ コミュニティ全体に、このミッションで団結するよう呼びかけている」

「我々のキャンペーンは、最近の『Drive It Out』イニシアチブに基づいて構築されている。我々は、団結して、誹謗中傷、ハラスメント、ヘイトスピーチに対して行動を起こさなければならない。我々は、スポーツにおけるこの荒廃と戦わなければならない。Arwen.ai の専門知識は、この取り組みにおける重要なツールとなる。ソーシャル メディア プラットフォームの所有者にも果たすべき役割がある」

『Drive It Out』イニシアチブは、チームと協力して進行中の F1独自のキャンペーンであり、すでに Arwen.ai と協力している。F1は、多くのレースでのファンの行動に関する懸念を受けて、イベントでの問題に対処するための対策を実施している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA