マイケル・マシ、F1レースディレクターに復帰の可能性
面目を失って解任された元F1レースディレクターのマイケル・マシがカムバックする可能性がある。

2021年の最終戦アブダビGPでの物議を醸したタイトル決定戦の後、多くの人々がマイケル・マシの強制退去を称賛したが、FIAの新会長であるモハメド・ビン・スライエムは、マイケル・マシは解任されたわけではないと主張している。

「彼には、レースディレクターだけでなく、セーフティカーデリゲートも務めるという個人的な過負荷があった」とモハメド・ビン・スライエムは Daily Mailに語った。

「彼はミスを犯した。だが、それがFIAとのマシの終わりだと言ったわけではない」

モハメド・ビン・スライエムは、2021年の激戦とあったアブダビでのセーフティカーの期間とファイナルラップでのマイケル・マシの処理は「ヒューマンエラー」に相当すると述べた。

「私は2日前に彼と話をした」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「私には個人的な問題はない。私は誰も嫌ってはいない」

「マイケルはそこにいて、我々は彼を使うかもしれない。我々は彼を追い払うとは言わなかった。我々は彼を使うかもしれないと言tった。彼は使うのに良い場所にいるかもしれない。我々はすべてにオープンだ」

モハメド・ビン・スライエムは、FIAが2021年の論争の責任の大部分に値すると言い、以前の「レース構造」を修正する必要があると主張する。

「そして、我々は2人の新しいレースディレクターを迎え入れたが、まだそれがうまくいったとは言えない」とモハメド・ビン・スライエムは主張した。

「FIAのこの人材の不足に対処する必要がある。理想的には来年の初めまでに、最低3人のレースディレクターを見極めたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA