F1 新ポイントシステムの導入が決定
FIA世界モータースポーツ評議会は、F1委員会の提案を承認。2010年からF1に新ポイントシステムが導入されることになった。

「13チームにグリッドが拡大されたため、さらにF1委員会の推薦もあり、新ポイントシステムが2010年シーズン採用される」とFIAは声明で述べた。

新ポイントシステムは、優勝から10位までに、それぞれ25-20-15-10-8-6-5-3-2-1のポイントが与えられる。

順位間のポイント差が広がることにより、ドライバーはポイントフィニッシュではなく優勝を目指して戦うようになるだろう。リタイアは大きな代償になるが、その代わり優勝または表彰台フィニッシュすることで早めにリカバリーすることが可能になる。

2010年ポイントシステムで今年のチャンピオンシップを再計算しても結果は変わらない。
- ジェンソン・バトン(243ポイント)
- セバスチャン・ベッテル(203ポイント)
- ルーベンス・バリチェロ(187ポイント)
- マーク・ウェバー(187ポイント)
- ルイス・ハミルトン(123ポイント)
- キミ・ライコネン(119ポイント)

また、接戦だった2007年、2008年シーズンも同じ結果となる。

2008年
- ルイス・ハミルトン(240ポイント)
- フェリペ・マッサ(239ポイント)

2007年
- キミ・ライコネン(271ポイント)
- ルイス・ハミルトン(270ポイント)
- フェルナンド・アロンソ(268ポイント)

ポイントシステムの変更は、2010年にチーム数が増加することに伴い提案された。新チームの参戦により、2010年のF1は、1995年以降最多となる26台のF1カーがグリッドに並ぶことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA