Wシリーズ F1
女性ドライバーのみで争われる国際レーシングシリーズ『Wシリーズ』が、F1スーパーライセンスポイントの対象カテゴリーとなることが明らかになった。

F1でレースをするためにはスーパーライセンスを取得することが必要であり、そのためにドライバーは過去3シーズンで40ポイントの“スーパーライセンスポイント”を獲得しなければならない。

また、F1のグランプリ週末でFフリー走行に出走するためにも、ドライバーはF2選手権で6戦以上レースをするか、過去3年間で25点のスーパーライセンスポイントを獲得しなければならない。

スーパーライセンスポイント付与の対象となるカテゴリーには、従来のシングルシーターのピラミッド(F2からF4)からインディカー、FIA 世界耐久選手権(WEC)などの主要シリーズが含まれている。

2020年からはWシリーズもF1スーパーライセンスポイントが付与されるカテゴリーになるようだ。付与されるポイント数やランキングは今後決定されることになるが、Telegraph の報道によると、Wシリーズでチャンピオンを獲得したドライバーには12ポイントから18ポイントのスーパーライセンスポイントが付与される見込みだという。

現在、F4のランキングトップのドライバーには12ポイントが付与されており、WシリーズはF4と同等の位置づけとなる。

Wシリーズの最高責任者を務めるキャサリン・ボンド・ミュールは「我々は自分たちのドライバーをモータースポーツの上位カテゴリー、とりわけF1に導くことに取り組んでおり、これは女性のチャンスに目覚ましい変化をもたらすことになります」と語った。

Wシリーズには日本人ドライバーの小山美姫が参戦。現時点でランキング6位に位置している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA