F1 国際自動車連盟
FIA会長のジャン・トッドは、2021年のレギュレーションを議論するためにF1ドライバーをFIAのパリの本部に招待した。

F1カナダGPの週末にはFIAとリバティ・メディアが策定した2021年のF1レギュレーションの草案がF1チームに公開された。

しかし、5回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2007年にF1デビューして以降のレギュレーション変更はほぼネガティブなものだったと語る。

「全体的にそれらの年月における議論は素晴らしいものではなかったと思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「リバティがF1を引き継いだけど、まだ同じ問題が残っている」

Marca は、他のドライバーによる同様の批判を受け、FIA会長のジャン・トッドが今週の木曜日にコンコルド広場にあるFIAの本部にドライバーを招待したと報じた。

「何人くらい参加するか興味深い」と同紙は報じた。

だが、ルイス・ハミルトンは、これまで以上に団結しており、今ではグリッド上のすべてのドライバーがGPDA(Grand Prix Drivers' Association)のメンバーだと語る。

「残念ながら、テクニカルレギュレーションは権力のある人々によって行われているので、僕たちはどのような変更が行われてもほとんど何も言えない」とコメント。

「結局、レースがどのようなものかを知っているのは僕たちだし、その挑戦がどのようなものかをわかっている。だから、僕たちはその一員になって、僕たちのアイデアを出して貢献することにはとてもオープンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1ドライバー