ジュール・ビアンキ
フェラーリのドライバー育成プログラムに参加するジュール・ビアンキが、土曜日にハンガロリンクで行われたGP2の第1レースでクラッシュし、脊椎骨折した。

F1の予選直後に行われたGP2レース、ARTに所属するジュール・ビアンキはスピン。ルノーのテストドライバーを務めるホーピン・タンと正面衝突し、昨年フェリペ・マッサが事故後に入院したAEK病院に搬送された。

昨年、ジュール・ビアンキと複数年契約を結んだフェラーリは、脊椎骨折によってビアンキが「長期間、活動から離れる」ことを明らかにした。

「彼がリハビリプログラムが完全に完了させるまで、コックピットに戻ることはない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | GP2 | ジュール・ビアンキ