フェラーリF1代表、グリッドペナルティ多発に「3基のPUは少なすぎる」
フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1イタリアGPでのスターティンググリッドが混乱したことを受けて、ドライバー1人あたり3基のパワーユニットというF1の現在のシーズン割り当てとエンジンペナルティルールに疑問を投げかけた。

F1イタリアGPに先立って、9人のドライバーが制限を超えたエンジンコンポーネントを交換し、決勝のスターティンググリッドは元の予選順位から大きく異なるものになった。

不条理な混乱は、F1ファンだけでなく、変更を理解してスターティング グリッドを公開するのに数時間を要した FIAスチュワードも混乱させた。

マッティア・ビノットは、F1はファンだけでなくチームの利益のためにもエンジンペナルティルールを簡素化する必要があると考えており、特に史上最多の24レースまで膨れった2023年のF1カレンダーでは、現在の最小パワーユニット割り当てを増やす必要があると考えている。

「グリッドの公開に時間がかかった理由は、レギュレーションにさまざまな解釈があり、十分に明確ではないからであることは確かだ」と マッティア・ビノットは述べた。

「これは将来的に確実に取り組む必要があることだ。ペナルティに基づいてグリッドポジションを決定する方法だけでなく、我々が受けたペナルティの量も多すぎると思う」

「ファンにとっては難しいことだと思うが、ポールポジションを獲得しているのに、グリッドペナルティを受けてポールポジションからスタートしないのは難しい。だから、ドライバー1人あたり3基のPUは、その段階で我々が達成したことに対して少なすぎるのかもしれない」

「次のシーズンに向けて再考する必要があるかもしれない」

アストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックも同じ考えを持っている。

マイク・クラックは「観客が理解するにはシステムが複雑だと思う」とモンツァで語った。

「私にとっても、ただ待っていた。『どこから始めればいいのだろう?』と推測したと思うし、最終グリッドはかなり遅れて出てきた」

「クルマが本来あるべき場所からスタートしないとき、それはファンにとって興味深いことだと思う」

「だが、これほど複雑にしなければならないのだろうか。もっとシンプルにできると思う」

エンジン割り当ての制限を超えたドライバーにグリッドペナルティを与えるのではなく、F1チームのチャンピオンシップポイントに組み合わせる案も提案された。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、そのアイデアは支持していないが、パワーユニットコンポーネントの変更を管理するレギュレーションは単純化されるべきであることを認めている。

「予選エンジンを持ちたくないし、毎レースエンジンを配備したくないので、グリッドペナルティがある」とトト・ヴォルグは説明した。

「チームにチャンピオンシップでペナルティポイントを与えるという提案があったが、それでも問題は解決しないだろう。チャンピオンシップに勝つことができるドライバーにエンジンを投げつけることになるからだ」

「我々はそれら(エンジンペナルティールール)を整理する必要があると思う。来年は全会一致でそれを行うことができるかもしれない。それは理にかなっている」

「我々全員が一緒に頭を突き合わせて、『混乱を避けるためにどうすればそれを片付けることができるでしょうか?』と言うのは理にかなっている」

F1 ペナルティ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ