フェラーリF1代表 「残りの10レースで逆転できない理由はない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1ワールドチャンピオンで逆転するために2022年の残りの10レースで勝てない理由は見当たらないと語る。

スクーデリア・フェラーリとシャルル・ルクレールは、シーズン序盤に両方のチャンピオンシップをリードしていたが、過去数週間はエンジンの問題、戦略の失敗、ドライバーのミスの組み合わせで大きく後退した。

前戦F1フランスGPでは、シャルル・ルクレールが単独クラッシュでリタイアを喫し、メインのライバルであるマックス・フェルスタッペンに勝利の道を明け渡した。

その結果、マックス・フェルスタッペンはドライバーズチャンピオンシップで63ポイントのリードを築き、レッドブル・レーシングはコンストラクターズチャンピオンシップでスクーデリア・フェラーリに82ポイント差をつけた。

ギャップは非常に大きいように見えますが、克服できないものではない。スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティアビノットは、残りの各レースでの勝利だけを目標にできると述べた。

今後のタイトルの希みは、レッドブル・レーシングの失敗に依存しているかと質問されたマッティア・ビノットは「私には分からない。ポイントを数えていないからね。今回のレース前に、レッドブルやマックスとのギャップを質問されていても答えられなかった。見ていないからね」とコメント。

「我々が焦点を当てているのは、各レースに出場し、そこから最大限の結果を得ようとすることだ。ここポール・リカールでは起こらなかったが、我々はすでにハンガリーに焦点を合わせており、そこで1-2を目指す」

「それぞれのレースは他のレースと同じように重要だと思っている。シーズンの終わりに、我々は合計を行う。我々がどこにいるのか見てみよう」

マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールがフランスでの勝利に向けてレースをリードし、スクーデリア・フェラーリの車が非常に速いことが証明されたという事実は、チームが印象的な走りを成し遂げる可能性があると感じさせたと語った。

「より重要なのは良いパッケージがあるということだと思う」とマッティ・ビノットは説明した。

「今から最後まで10レースに勝たない理由はない」

「そのように見ることふぁポジティブであると思う、そして、私はポジティブでありたい。楽観的であり続けている。マックスとレッドブルに何かが起こる可能性はあるか?我々に起こったように、それはすでに彼らに起こった。おそらく起こるかもしれない」

「しかし、私はそれを期待してはいない。我々は自分自身に集中し、ベストを尽くす必要があると思っている」

シャルル・ルクレールは、F1フランスGPを自らリタイアすることになったミスを攻めているが、マッティア・ビノットはルクレールのペースは物事を非常に速く好転させられるものだと明言した。

「私がチャールズに言ったことは、物事はより複雑だが、不可能ではないということだ」とマッティア・ビノットは語った。

「そして、最後に勝利に変えることができれば、もっと楽しむことができる」

「我々はそれぞれのレースに集中し続ける必要がある。前回のレースを振り返ると、常に大きなポテンシャルを秘めていた。チャンピオンシップポイントでは最高の結果にはならなかった、今のところ、次の10レースで起こり得ない理由はない」

「ポテンシャルはそこにある。ドライバーは素晴らしい。だから、私はかなりポジティブだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ