フェラーリF1代表 「カルロス・サインツJr.はまもなく初勝利を掴む」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.がF1レースウィナーになるのは時間の問題だと確信しており、“まもなく”F1初勝利を手にするだろうと語る。

シーズン序盤はクラッシュが多発していたカルロス・サインツJr.だが、過去5戦では3つの表彰台を含めて4戦でポイントを獲得している。先週末のカナダGPでは、レース終盤のセーフティカーの後、マックス・フェルスタッペンに猛攻を仕掛けたが、F1初勝利に0.993秒届かなかった。

最長F1未勝利ドライバーの歴代7位まで浮上したカルロス・サインツJr.だが、マッティア・ビノットは「まもなく」表彰台のトップストップに上がると信じている。

マッティア・ビノットは、勝利のないほとんどのレースのリストで7位まで、彼のドライバーが「すぐに」表彰台のトップステップに登ると信じている。

「サインツはシーズン序盤よりも良い走りをしているし、まもなく初勝利を収めるだろう」とマッティア・ビノットはCorriere dello Sportに語った。

「今日、彼はもっと多くのものを持っていた、彼が勝てなかったのは残念だ」

「少しのミスがなければ、おそらく彼はそれを成し遂げただろう。だが、彼はペースを発揮しし、最後のラップまで攻撃してみせた」

カルロス・サインツJr.は、今シーズンすでに3回の2位表彰台を獲得しており、カナダグランプリは最も勝利に近い結果だった。

「レッドブルをパスするために全力を尽くした」とカルロス・サインツJr.は語った。

「でも、ここでオーバーテイクするには、追加であと0.2~03秒以上が必要だ」

「優勝できなかったことにがっかりしているけど、カナダには多くのポジティブな点があった」

「僕たちはコース上で最速だった。レース中ずっとプッシュすることができ、車の中ではるかに感触が良かった」

スクーデリア・フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールは、オーストラリア以来勝利を収めることができておらず、プッシュする必要がある。

レッドブルはそれ以来、6回連続でレースに勝利し、両方のチャンピオンシップをリードしている。

「今年はすべてのレースで攻撃しなければならない」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「理論的にはここモントリオールでは防御しなければならなかったが、コンストラクターズで少し得た。」

シャルル・レクレールがエンジンペナルティのためにグリッドの後方からスタートすることを余儀なくされていなかったら、もっと多くのポイントを獲得できていたかもしれない。

「ルクレールにとって忍耐のレースになることを私たちはあらかじめ分かっていた」とマッティア・ビノットは語った。

「最後列から5位は良い結果だ。次の4レースは非常に重要になる」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr.