フェラーリF1代表、優勝候補の呼び声も「我々はまだアウトサイダー」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1プレシーズンテストの好調なパフォーマンスから優勝候補の一角に数えられてはいるものの、チームはまだ依然として“アウトサイダー(部外者/勝ち目のない競争者)”だと主張する。

スクーデリア・フェラーリは、バルセロナとバーレーンで生産的な2回のプレシーズンテストを実施し、今週末のバーレーングランプリの優勝候補のひとつとして考えられている。

フェラーリ F1-75は、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツが合計788周と6日間の走行でF1チームの中で最高の走行距離を記録したため、速さだけでなく、一貫性も兼ね備えている。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルはどちらも、2022年シーズンに向けた最も印象的なチームとしてフェラーリを強調しているが、チーム代表のマッティア・ビノットはスクーデリア・フェラーリの見通しを軽視し続けている。

「自分自身に焦点を当てればポジティブな6日間だったと思う」とマッティア・ビノットはF1TVに語った。

「我々は一貫性のある走行しており、車から多くのことを学び、多くのデータを取得し、マラネッロ、風洞、シミュレーターに戻って相互に相関している。それが第一の目的だったが、達成できたと思う」

「パフォーマンスに関しては判断するのは非常に困難だ。レッドブルとメルセデスの両方がメインの優勝候補だと今でも信じている。彼らは昨年優勝したチームだ。ワールドチャンピオン、ドライバー、コンストラクターの両方で、過去に非常に強力なチームであることが証明されている。昨年末にアドバンテージを持っていた」

「今日、彼らが優勝候補ではない理由はないと思う。だから、私にとっては彼らは優勝候補だ」

「フェラーリとして、我々は少なくともアウトサイドになるように努めるべきだと思う。できるだけ近くにいるように努めるべきだ。そして、これまでのところ、パフォーマンスを見て判断するのは非常に困難だ。最後に非常に近くにいれることを願っているのは確かだがね」

メルセデスF1はバーレーンでの困難なテストの後、新シーズンに向けて後れを取っていると主張しているが、シャルル・ルクレールはメルセデスF1とレッドブル・レーシングの両方がまだ真のポテンシャルを示していないと信じている。

「速いのかどうかは分からない。信頼性はある。良いスタートだ。これまでのものはあまり意味を持たない。車は信頼性があり、多くのラップを走れることは助けになっている」

「レッドブルとメルセデスが勝つチームであり続けると確信している。僕たちは一生懸命働いており、今のところ悪くはないように見えるけど、働き続けなければならない」

「メルセデスは彼らのゲインを大いに隠している。レッドブルも。彼らとマクラーレンはすべて、まだ実際のパフォーマンスを示していないチームだ。どちらも最大のパフォーマンスを示していないけど、彼らがどれだけのマージンを持っているかは分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ