フェラーリF1、エストレージャ・ガリシアとのスポンサー契約を発表
フェラーリF1は、スペインのビール会社エストレージャ・ガリシア(Estrella Galicia)とのスポンサー契約を発表した。

エストレージャ・ガリシアは、今シーズンからフェラーリに加入するカルロス・サインツの個人スポンサーを長年務めており、トロロッソ、ルノー、マクラーレンとサインツが移籍するたびに提携先を変更している。

今回の契約により、エストレージャ・ガリシアのノンアルコールビール『Estrella Galicia 0,0』のフェラーリF1の“公式ビール”となり、チームウェア、カルロス・サインツのレーシングスーツにロゴが掲載される。

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは「世界のビール部門の新興ブランドであるエストレージャ・ガリシア0,0とのこの新しいパートナーシップにを開始できることをうれしく思う」とコメント。

「我々は、卓越性の追求、伝統の尊重、地理的ルーツとの結びつきなど、スペインの企業と多くの価値観を共有している。さらに、エストレージャ・ガリシア0,0は長年モータースポーツに参加しており、特に才能のある若者に注目している。これは我々とも共通していることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1スポンサー