ジャン・アレジ、F1の現状に怒り 「金がなければチャンスさえ得られない」
元フェラーリのF1ドライバーであるジャン・アレジは、高額な資金が必要とされるF1を非難し、いくつかのジュニアプログラムに怒りを表明した。

ジャン・アレジは、フェラーリのジュニアプログラムに所属してF2に参戦していた息子ジュリアーノ・アレジを支援してきたが、彼の貴重な所有物であるフェラーリ F40を売却して資金を捻出したにもかかわらず、ジャン・アレジはF1を目指す息子のための資金繰りが立ち行かなくなってしまった。

さらにジュリアーノ・アレジはF2で結果を出すことができず、フェラーリ・ドライバー・アカデミーとの契約が終了。1月25日(月)にF1マシンでの“お別れ走行”を実施した。

息子のF1マシン初走行をフィオラノで見守ったジャン・アレジは、息子がヨーロッパで定期的にレースをすることは不可能だと考え、ジュリアーノ・アレジは2021年は日本に活動の場を移し、スーパーフォーミュラ・ライツとSUPER GTのGT300クラスに参戦する予定となっている。

「彼(ジュリアーノ)はほぼ毎週末そこでレースをするだろう! 多額のお金を払わないとヨーロッパではレースができない」とジャン・アレジは Gazzetta dello Sport に語った。

「今日では、F1では億万長者になってチームを購入する必要がある。そうしないと、グランプリの世界にはたどり着けない」

ジャン・アレジは、最近、若いドライバーをF1に昇格させることに慎重になっているアルファロメオとメルセデスのチーム代表であるフレデリック・ヴァスールとトト・ヴォルフに特に不満を持っている。

「シートはヴァスールとヴォルフによってブロックされている」とジャン・アレジは続けた。

「幸いなことに、一部のF1チームにエンジンを供給するフェラーリがまだあるので、ドライバーを昇進させることもできる。ミックシューマッハも、F2でタイトルを獲得してF1のシートを獲得した。だが、マラネロのサポートがなければ、そのシートを勝ち取ることは不可能だった」

また、ジャン・アレジは、今年アレクサンダー・アルボンに変わってレッドブル・レーシングのシートを獲得したセルジオ・ペレスは、F1の財政状況を最も現していると語った。

「彼は4位でフィニッシュし、ポケットに1500万ドルの予算があるが、それでも彼は来シーズンのチームがほぼない」とジャン・アレシは付け加えた。

「このよなことは変える必要がある。ハミルトンが稼いでいる額を手に入れるために狂ったように戦わなければならない方法はない。なぜスポーツの若い才能はショーをするためにお金を払わなければならないのか? それは恥だ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ