フェラーリF1、ミック・シューマッハの2021年のF1デビューを検討
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、現在F2でランキング5位につけているミック・シューマッハの2021年のF1昇格を検討していることを認める。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーであるミック・シューマッハは、2019年にすでにフェラーリのF1マシンをテストしており、今でも父親であるミハエル・シューマッハの栄光の日々を心に刻んでいるイタリアで多くの熱狂を引き起こした。

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、2021年のミック・シューマッハのF1デビューは非論理的な考えではないとしており、イタリアでは期待が高まっている。

「ミックは今年のF2で非常によくやっている。もちろん、我々は彼のパフォーマンスを注意深く見守っており、彼が宿題をうまくやっていることがわかる。彼は常に改善している」とマッティア・ビノットは Bild に語った。

「したがって、彼とすぐに座り、未来について話すことを計画している。私の見解では、2021年に彼がF1に切り替えることは論理的なステップになるだろう」

しかし、マッティ・ビノットによると、それはフェラーリではない。

「彼がF1に切り替えることができるなら、小さなチームから始めなければならないだろう。それは彼にF1に慣れる時間を与え、多くを学ぶことができる」

イタリアではミック・シューマッハのアルファロメオでのF1デビューの噂が強まってきている。アルファロメオはフェラーリと強い繋がりを持っており、キミ・ライコネンは今季限りでのF1引退が囁かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ミック・シューマッハ / アルファロメオ・レーシング