フェラーリF1代表 「ベッテルは我々の決断に完全には納得していない」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームがセバスチャン・ベッテルを2021年に起用しないと決断したことにベッテルは完全には納得していないと認める。

新型コロナウイルスの中断期間中にセバスチャン・ベッテルが今シーズン限りでフェラーリF1を離れるというニュースが発表されたことは驚きを持って受け止められた。

当初、セバスチャン・ベッテルとフェラーリF1による共同の決定のような発表のされ方をしていたが、木曜日にベッテルはそれがチームの決定であり、新しい契約をオファーされなかったと明かした。

マッティア・ビノットは、フェラーリF1についてより明確に説明した。

「確かに冬の間に我々は私的にも公的にも彼が我々のファーストチョイスだと常に言っていた。それは認める。冬の間、多くのドライバーがフェラーリで運転する機会があるかどうかを尋ねてくるのは普通のことだが、それでも我々の立場は変わらなかったし、セブが我々のファーストチョイスだった」とマッティア・ビノットは語る。

「その後何が起こった? 新型コロナウイルスのパンデミックの状況はモータースポーツ、F1だけでなく、世界全体を変えたと思う。予算上限は大幅に変更され、非常に厳しいものとなった。レギュレーション変更は2021年から2022年に延期されました。それは私たちにとって重要なことだった。マシンは2020年から2021年までほぼ凍結される。全体の状況が変わった」

「シーズンは始まることさえなく、セブがトラックに戻ってフェラーリのためにドライブする意欲がどれくらいあるかを証明する機会さえなかったのは彼にとって残念なことだった」

マッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1を放出されたことに驚きを感じていることを理解していると語る。

「フェラーリとしてシャットダウンしたとき、我々は最終的に自分たちの立場を再考する必要があったし、私たちは我々の決断を下した。それが我々の決断であり、我々の責任だ。そして、我々は彼に連絡した」

「彼が驚いたと話したと聞きている。彼が驚いたことを覚えていると聞かれれば、確かにそうだと言える。私はそれを理解している。驚くのはごく普通のことだと思う」

「彼は我々の決断を受け入れたが、今でも彼はそれに完全には納得していないと言える。それは普通のことであり、明確だと言っていいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル