【動画】 シャルル・ルクレール主役の短編映画『Le Grand Rendez-Vous』 / フェラーリF1
フェラーリF1のドライバーであるシャルル・ルクレールとフェラーリ SF90ストラダーレを主役としたクロード・ルルーシュ監督の映画作品『Le Grand Rendez-Vous』が公開された。

F1モナコGPが開催される予定だった5月23日と24日の週末、 フランス人映画監督のクロード・ルルーシュ、フェラーリのF1ドライバーを務めるシャルル・ルクレール、そしてフェラーリ SF90ストラダーレは、この先忘れることができないであろう運命的な出会いをモナコの公道で果たした。

クロード・ルルーシュ監督のスピードに対する情熱は、誰もが良く知るところ。彼の最も有名な映画『A Man and a Woman(男と女)』は、ジャン=ルイ・トランティニャンの好演が光った、一人のドライバーの物語。この作品は1966年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したほか、1967年には脚本賞と外国語映画賞で2つのオスカーを獲得している。今般、彼は先ごろの数日間、モナコで有意義な時間を過ごした。その時間を共にしたのは、フェラーリで成人した若手のドライバーであるシャルル・ルクレールと最高出力1000cvを誇る、フェラーリの最新型ハイブリッド・モデルだ。

17名のスタッフがモナコに集まり、6台のiPhone 11 Pro、9台のGo Pro、そしてSony製のVeniceカメラ1台を使って撮影は実された。フェラーリ・チームに関しては、撮影用に2台のSF90ストラダーレを用意したほか、エンジニアとメカニックを合わせた6名の技術スタッフがマラネッロから撮影に参加した。

5月23日(土)の午後に本番さながらのリハーサルが数回行われたのち、5月24日(日)の午前6時30分から10時にかけて本番の撮影が行われました。モナコ公国のアルベール殿下が直接見守る中、伝説のシャルル・ルクレールが映画の中で母国の道を走った。

『Le Grand Rendez-Vous』は、1976年のクロード・ルルーシュ監督の作品『ランデヴー』の現代版となる。『ランデヴー』では、フェラーリ 275GTBがパリの市街地を疾走したが、実際にはメルセデス・ベンツ 450SEL 6.9にカメラが取り付けられ、275GTBのエンジンサウンドをその映像にのせたものだった。

『ランデヴー』はパリの街を女性に会うために疾走していたという設定で、ラストシーンでクロード・ルルーシュ監督の当時のパートナーであったグニラ・フリーデンが登場した。

映画のなかでは、モナコ公国のアルベール殿下が、シャルル・ルクレールがドライブするSF90ストラダーレの助手席に同乗するシーンもある。

『Le Grand Rendez-Vous』では、クロード・ルルーシュ監督の孫娘であるレベッカ・ブラン・ルルーシュが、冒頭と最後に若い花屋の役で登場するが、これは『ランデヴー』に登場する男女の孫娘という設定のようだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1動画 / シャルル・ルクレール