フェラーリ 「2020年F1マシンは空力とエンジンを大幅に改修」
フェラーリが2月11日に発表する2020年F1マシンは、空力とエンジンに大幅な変更が加えられるようだ。

フェラーリは全チームに先駆けて2020年F1マシンの発表日を公表。実際、2月11日はプレシーズテスト開始の8日前となり、全チームで最初の発表になる可能性が高いが、F1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは信頼性に取り組むためにその時間を使っていくと語る。

その理由として、フェラーリの2020年F1マシンは異なる空力哲学と大幅に改訂されたF1エンジンを搭載することになるとマッティア・ビノットは語る。

「今年学んだことをベースしたものになり、現在マシンよりもはるかに多くのダウンフォースを備えたマシンとして生まれることになる」とマッティア・ビノットは語る。

「したがって、ストレートでは最速のマシンになるとは期待していない。他のマシンをコピーすると言うわけではないが、来年も同じままのタイヤの挙動に適応したものになる」

フェラーリの2019年型F1エンジンは最強だったが、FIAの技術指令が発令され、広範囲な論争を巻き起こした。

「2020年に向けてパワーユニットも大きく修正されている。構造面だけでなく、特にアッパーパーツはね」とマッティア・ビノットは語る。

「2014年以降、レギュレーションは安定しているが、やれることはまだたくさんあると考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン