フェラーリF1、“不正行為”発言のマックス・フェルスタッペンの起用を除外
フェラーリF1チームは、マックス・フェルスタッペンのドアを閉めた。

フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットとCEOのルイ・カミレッリは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルのF1シートが2021年も空席になる可能性があることを認めている。

だが、マッティア・ビノットは、フェルナンド・アロンソがフェラーリに復帰する可能性を除外しており、2021年のF1シートについての噂は主にルイス・ハミルトンとなっている。

フェルナンド・アロンソについてマッティア・ビノットは「我々は彼について話したが、もはや我々の計画には入っていない」とマッティア・ビノットは語った。

また、マックス・フェルスタッペンに関して、ルイス・カミレッリは、フェルスタッペンが2019年のF1エンジンで“不正行為”を働いている発言したことにまだ激怒している。

「あのような発言は、一般的に度を越していた」とルイス・カミレッリはマックス・フェルスタッペンについてコメント。

「マックスは22歳だ。我々はフェラーリであるのに、なぜ彼に信頼性を与えるのだろうか?」とルイ・カミレッリは付け加えました。

「沈黙した方がより強力な場合もある」

また、他のイタリアメディアに対しては「フェラーリを不正行為で告発するようなドライバーと一緒にいることは考えられない」とコメント。

「マティアは、FIA検査官が至るところにいると言っていた。フェルスタッペンの発言は、チーム内にあらゆる種類の問題を生み出した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / マックス・フェルスタッペン