「フェラーリの将来はベッテルではなくルクレール」とラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハは、フェラーリは今後数ヶ月以来にチームのドライバー問題を優先させていくことになると考えている。

フェラーリの会長を務めるジョン・エルカンは、F1ブラジルGPのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちについて“非常に怒っている”と認めている。

「日曜日に起こったことは私をひどく動揺させただけでなく、フェラーリの重要性を理解させてくれた」とジョン・エルカンは thejudge13 に語った。

「フェラーリのためにレースをしていることを忘れることは、たとえドライバーがどんなに優れていても、ドライバーにとって必要なことではない。最も重要なことは、フェラーリが勝つということだ。マッティア・ビノットはこの点に関して非常に明確だった」

兄であるミハエル・シューマッハがフェラーリで非常に成功したキャリアを過ごしたラルフ・シューマッハは、ドライバーは衝突はフェラーリにとって非常に重要な問題であると考えている。

「ビノットは徐々にプレッシャーにさらされており、内部での難しい議論があると思う」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「結局のところ、フェラーリはチームメート同士が常に言い争いをすること以上の心配ごとを抱えてしまっている。彼らにはどちらにも責任がある。彼らはどちらも子供ではない」

これはかなり深刻な問題だと思っている。ドライバーたちの状況が改善されず、明確なコミットメントが示されなれば、フェラーリは何かを変えることを考えるかもしれない」

ラルフ・シューマッハは、状況がさらに悪化した場合、主な犠牲者は4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルになると考えている。

「両者にとって非常に難しいが、特にセバスチャンにとっては難しいだろう」とラルフ・シューマッハは語る。

「彼らが解決策を見つけられない場合、将来はシャルルにあることは明らかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / シャルル・ルクレール