フェラーリ元会長 「6回目がハミルトンの最後の王座になることを願う」
フェラーリの元会長であるルカ・ディ・モンテゼーモロは、ルイス・ハミルトンの6回目のF1ワールドチャンピオンが彼の最後のものであり、フェラーリがトロフィーの干ばつを終わらせられることを願っていると語る。

ハイブリッド時代のメルセデスの優位性は今年に入っても変わらず、前人未到のコンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権の6連覇を達成した。

これにより、ルイス・ハミルルトンは、F1最多タイトル獲得数でミハエル・シューマッハにあと1回に迫ったが、ルカ・ディ・モンテゼーモロは、2020年にフェラーリがそれを阻止してくれることを願っていると語る。

「この6回目のタイトルがルイス・ハミルトンにとって最後であり、来年フェラーリのサイクルが再び始まることを願っている」とルカ・ディ・モンテゼーモロは Radio Rai に語った。

「フェラーリがシーズン最終戦まで戦うのを見ることが最も重要なことだ。信頼性の問題もあるが、答えを探しているときにそれが起こる可能性があることは理解している」

「ファンとして、来年我々(フェラーリ)が勝つことを願っている。もしそれが起こらなければ、非常に競争力のあるチームとの最後のレースで世界選手権に負けるだろう」

フェラーリがメルセデスを倒す可能性を高めるには、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルが同じ考えを持っている必要がある。

ルカ・ディ・モンテゼーモロは、フェラーリの利益のためにそれを実現する方法について、彼自身のスタンスを繰り返した。

「私は常に順位表のドライバーとコンストラクターのチャンピオンシップのドライバーに焦点を合わせてきた」とルカ・ディ・モンテゼーモロは語る。

「チームにポイントを持ち込むことができ、ワールドチャンピオンを目指しているドライバーがライバルを引き離すことができるように私はセカンドドライバーを好んでいる。アーバイン、バリチェロ、マッサのような人々だ」

ルカ・ディ・モンテゼーモロは、ルクレールについてより具体的には次のように付け加えた。

「彼が非常に速いのは確かであり、期待を超えているが、そのような期待は徐々に高めていく必要がある。たとえば、最近のいくつかのレースで、彼はラジオであまり話していない。それは改善だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ルイス・ハミルトン