F1 フェラーリ、フェルスタッペン加入を除外 「ルクレールとの共存は困難」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンとの関係を“管理するのは困難”としてフェルスタッペンのフェラーリ加入を除外している。

従来、フェラーリは2名のドライバーをリードドライバーのサポードドライバーに明確に分けてきた。マッティア・ビノットは、将来のドライバーラインナップ構築の例として、ミハエル・シューマッハの黄金時代を例に挙げた。

「私はミハエルの時代に育った。彼の隣にはルーベンス(バリチェロ)、そして、(フェリペ)マッサがいた。我々はトップドライバーとレースに勝ってポイントを獲得できるもう一人のドライバーを起用すべきだと思う。ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのようなね」とマッティア・ビノットは La Gazzetta Dello Sport にコメント。

マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールがフェラーリで走っている間にマックス・フェルスタッペンの加入が可能だと考えていないと語る。

「そのような力量のドライバーを2人起用することは管理が非常に難しい」

では、セバスチャン・ベッテルはどうなるのか? ベッテルは2020年末まで契約を結んでいる。過去12か月間、ベッテルは多くのミスを犯しているが、マッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルを厄介払いする理由はないと語る。

「セバスチャンに関しては、彼の意図と我々の期待を比較するために議論していくつもりだ。現在、離れる理由はない。だが、再来年の春までには多くのことが起こるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / マックス・フェルスタッペン