F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、SF90の基本的なマシンコンセプトが正しくなかったことを示唆しており、2019年のタイトルはすでに手の届かないところにあるかもしれないと認める。

2019年のF1世界選手権は7戦が優勝しただけだが、コンストラクターズ選手権でフェラーリはすでに123ポイント差をつけられている。また、物議を醸したF1カナダGPの結果におり、首位のルイス・ハミルトンは3位のセバスチャン・ベッテルに62ポイント差をつけた。

マッティア・ビノットは、今週末のF1フランスGPでもフェラーリにとって状況が良くなるとは期待していないと語る。

「タイトルは私が今尋ねている問題ではない」とマッティア・ビノットは Auto Motor und Sport に勝った。

「メルセデスにいたるところで挑戦できるようになるまでは2~3回のアップグレードが必要になるだろう」

フェラーリは、フランス、オーストリア、イギリスでのヨーロッパでの今後3戦で大幅なアップグレードを展開すると予想されている。しかし、それでもライバルであるメルセデスに匹敵するには十分ではないかもしれない。

「我々たちのクルマに“B”バージョンは期待しないほしい」とマッティア・ビノットは語る。

プレシーズンテストを支配していたフェラーリだが、2019年のマシンコンセプトに基本的な間違いがあったとマッティア・ビノットは認める。

「バルセロナでのテストとレースの直接的な比較に関して、我々は1つの単純な理由で悪化した」とマッティア・ビノットは説明する。

「我々は自分たちのパッケージの弱点と限界を誤って判断し、間違った方向にクルマを開発した」

特に、今シーズンに導入された新しい薄いタイヤは、フェラーリの苦戦の中心となっている。

「我々たちのマシンコンセプトは2019年のタイヤには合っていない」とマッティア・ビノットは認めr。「最大のダウンフォースという点で、このクルマは最高のものではない」

「ダウンフォースが不足しているため、タイヤをウォームアップして最適なグリップが得られるウィンドウに保持することは困難になっている」

レース当日にタイヤを適切な作動温度領域に入れることは、グリッド上の多くのチームにとって頭痛の種となっており、特にハースは顕著な犠牲者でとなっている。

逆にメルセデスは唯一新しいタイヤをうまく使いこなしており、それは2019年のレギュレーションが不当にメルセデスを支持しており、昨年のタイヤに戻すべきだとの苦情を生み出した。しかし、ピレリはチーム側からタイヤ仕様についての正式な要請は受けていないと述べている。

マッティア・ビノットは、そのようなアプローチに時間を無駄にすることは望んでおらず、SF90の欠点を解決することにもっと関心があると語る。

「問題を正しく認識し、最善の方法でそれに対処することが優先事項だ。そうすれば、我々はできるだけ早く自分たちの力を取り戻すことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ