F1 フェラーリ
フェラーリは、今季マシン『SF90』の塗装をつや消しレッドに変更したのは、純粋にパフォーマンス向上を追求してのことだと語る。

フェラーリは2月15日(金)に2019年F1マシン『SF90』を発表。これまでの伝統的な光沢フィニッシュではなく、ダークレッドのつけ消しフィニッシュが採用された。

フェラーリF1チームの代表を務めるマッティア・ビノットは、つや消し塗装を採用したのは、マシンの見栄えを良くするためではなく、マシンの重量を少しでも削減することが目的だと語る。

「審美的な理由ではなく、もっぱら技術的なものだ」とマッティア・ビノットは Autosport にコメント。

「光沢のある要素を排除すれば、数100グラムになる。それほど大きくは聞こえないかもしれないが、すべてをさらに限界までプッシュしているときには効果が出てくる」

ラップタイムを追求してマット塗装を採用しているのはフェラーリだけではない。2016年にはレッドブルとルノーが軽量化を理由にグロス塗装からマット塗装に変更している。塗装を変更することでマシン全体で約0.5kgの軽量化を図れるとされている。

また、フェラーリはスポンサーロゴによってドラッグが発生する可能性を最小限に抑えるために、ステッカーではなく、マシンにペイントすることによって完全にスムーズな表面を実現しようとしている。

塗装以外にもフェラーリ SF90には、への字型のフロントウイング、三角形のインダクションボックス、さらに小型化されたサイドポッド、タイトに絞りこまれたリアエンド、縦積みのエキゾーストシステムなど、様々な特徴がある。

マッティア・ビノットは、SF90は昨年のコンセプトの進化版はあるものの、全てのエレメントを改良、もしくは変更していると語る。

「すべての細部を改善するためにプッシュしたのは明らかだ。2018年と同じピースは一つとしてないと思う」

「プッシュするということは、以前の限界を越えようとすることを意味する。そして、我々はそれを達成した。クルマの自然な限界にかなり近づいていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ