F1 フェラーリ SF90
フェラーリは、2019年のF1世界選手権に参戦する新車『SF90』を発表した。

過去2年間、序盤戦は選手権をリードするものの、中盤から失速してメルセデスに連覇を許しているフェラーリ。今年は、スポンサーのフィリップ モリスとともに推進する“Mission Winnow”というイニシアティブをチーム名に追加して『Scuderia Ferrari Mission Winnow(スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィナウ)』として参戦する。

フェラーリは2月15日(金)、マラネロの本拠地で2019年F1マシンの発表会を開催。発表会にはフェラーリCEOのルイス・カミレッリのスピーチからスタート。会長のジョン・エルカン、副社長のピエロ・フェラーリらが顔を揃えた。

フェラーリF1チームは、今年1月にマウリツィオ・アリバベーネを更迭して、マッティア・ビノットが新チーム代表に就任。今年はキミ・ライコネンに代わってシャルル・ルクレールがチームに加入し、セバスチャン・ベッテルのチームメイトとなる。

コードネーム『670』として開発が進められてきたフェラーリの2019年F1マシンは『SF90』と名付けられた。90はスクーデリア・フェラーリの創立90年に由来する。

フェラーリ SF90にはこれまでと同うようにレッドのカラーリングが施され、Mission Winnowのロゴはダークグレーで入れられている。

フェラーリ SF90Scuderia Ferrari Mission Winnow SF90

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ