フェラーリ、早くもBスペックマシン「F60B」を投入
フェラーリは1日(金)、F60に大きな変更を施したBスペックマシン「F60B」をコースデビューさせた。

報道によると、F60Bは、F60に比べてシャシーが15kg軽量化されており、マルク・ジェネによってバイラノで直線テストが行われたという。

軽量化は、シートベルトの素材を含めた全ての領域で行われており、コンマ数秒のラップタイム短縮が望まれている。

またF60Bは、ダブルデッカー・ディフューザーを搭載しているという。

フェラーリのバイラノでのテストは、土曜日も行われる予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ