フェラーリ リアウイング
FIAは、フェラーリの新しいリアウイングが技術規約に違反しているとして、使用を禁止した。

フェラーリがスペインにの金曜フリー走行に持ち込んだリアウイングには通常よりも高いガーニーフラップが追加されており、FIAは、それが規約に則っているかを調査していた。

ウイングは理論的にはあまりに高かったが、フェラーリはスロットギャップ・セパレータの測定には考慮されないと規約を解釈していた。

FIAの技術代表チャーリー・ホワイティングは金曜日に「規約を非常に賢く解釈しているが、我々はそれが規約の解釈として正しいかどうかを判断しなければならない」と述べていた。

この決定により、フェラーリはフリー走行3回目では新しいデザインのウイングを外し、前戦トルコGPで使用していた仕様のリアウイングに戻した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / FIA