F2
FIA-F2は、8月のベルギー大会の事故で命を落としたアントワーヌ・ユベールに敬意を示してベストルーキードライバーに与えられる新しい賞を“Anthoine Hubert Award”を設立した。

初代受賞者には周冠宇が選出され、モナコで行われた授賞式でアントワーヌ・ユベールの兄弟ヴィクトールによってトロフィーが手渡された。周冠宇は、今年のF2選手権でトップスコアを獲得したルーキーであり、ランキング7位でシーズンを終えている。

「ルーキー・オブ・ザ・イヤーのこの特別なAnthoine Hubert Awardを受賞することは大きな名誉だ。僕にとって、そして、今年のための素晴らしい記憶になると思う」と周冠宇は語った。

「個人的な観点から小樋は素晴らしいシーズンだったし、これほど迅速に達成できるとは思っていなかった結果を出すことができた」

アントワーヌ・ユベールと周冠宇は、ルノーの若手ドライバープログラムの一員だった」

「彼を誇りに持っているし、残りのレースキャリアで彼に誇りに思ってもらえるように努力を続けていく」と周冠宇は語った。

F2のCEOを務めるブルーノ・ミシェルは「ユベールに敬意を表し、シーズンごとに彼が心から愛されていたことを確認したい」と語った。

「そのために、我々はアントワーヌにちなんで名づけられたこの賞をシーズンのベストルーキーに与えることに決めた。彼は今年の最後までこのタイトルを争っていたと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2