メルセデスとアストンマーティンのウイングは2023年F1シーズンから禁止
メルセデスとアストンマーティンが今年導入した2つの極端な空力アイデアは、2023年F1シーズンから禁止された。

メルセデスのフロントウィングエンドプレートとアストンマーティンのリアウィングを含む革新的なコンセプトは、F1のテクニカルレギュレーションの変更により違法とされた。

ルールの文言に完全に準拠し、FIA(国際自動車連盟)からは合法であると見なされている一方で、パフォーマンスを向上させるための両チームの設計は、車の追従を難しくしないという広範な概念に反しているように見えたため、両方の概念が導入されたときにF1パドックは眉をひそめた。

メルセデスの急進的なフロントウィングエンドプレートは、F1マイアミGPで初登場。フラップセクションとエンドプレートの交差部分に独特のデザインが施された。フラップは、外側のセクションで非常にアグレッシブに前方に押し出され、エンドプレートの後部下端はフラップから完全に切り離された。これは、新しいレギュレーションで失われたアウトウォッシュの一部を取り戻そうとするために行われた。

一方、アストンマーティンはF1ハンガリーGPで、2022年F1レギュレーションの主要な意図の1つを破るようなリアウィングのデザインを導入したときに脚光を浴びた。その設計は、エンドプレートの前部のユニークな配置を特徴としており、メインプレーンをより伝統的な方法で突き合わせることを可能にし、生成できるスパンとダウンフォースを増加させた。

新しいF1レギュレーションは、過去の伝統的なエンドプレートとウィングの相互作用に別れを告げ、エレメント間の曲線的な移行を望んでいた。これは、先端の渦の強度を下げるように設計されているため、気流の乱れを制限し、車が互いに追従しやすくするという全体的な目標に役立ぐ。

FIAは、2022年に両方のコンセプトを使用できることに満足していたが、2023年のテクニカルレギュレーションに正式な微調整が行われ、それらを許可していたグレーゾーンが確実に整理された。

FIAのシングルシーターのテクニカルディレクターであるニコラス・トンバジスは「もちろん、今年は両方とも合法だった。レギュレーションはフロントとリアの両方でさまざまな方法で変更され、それらの解決策を阻止した」と語った。

これは、フロントウィングフラップのスイープバックに関してより厳格になったルールの変更と、リアウィングチップの定義に関するより具体的な変更によって行われた。

アストンマーティンF1のリアウイング

アストンマーティンのアイデアは現在禁止されているが、同チームのパフォーマンスディレクターであるトム・マッカローは、2022年の制限的なレギュレーションの中で彼のチームが非常に大胆なものを作成したという事実を今でも誇りに思っている。

「今年良かったのは、斬新で新しいものを思いついたという事実だ」とトム・マッカローはコメント。

「我々のクルマにパフォーマンスを追加したルールの解釈は非常に難解なものだった。いくつかの異なるレギュレーションを回避することがいかに複雑であったかという理由で、人々がすぐに真似することができなかった部分だった」

「だから、ある意味で、今年はある種のアドバンテージを得た。なぜなら、ブダペストに持ち込むまでに、人々がそれを理解するために反応するのはかなり遅く、コストキャップの観点から、彼らはすでにハイダウンフォースウイングを作ってくれたので、私としては本当にうれしかった」

「多くの人々が長い間そのプロジェクトに関わってきた。FIAとの間で何ヶ月もの間行き来していた。しかし、私は理解している。我々の仕事は常にレギュレーションを最大限に活用することであり、レギュレーションが変更された場合、それに本当に適応しなければならない」

ニコラス・トンバジスは、チームがレースに悪影響を与えるデザインを導入することを禁止する文言がルール内にある一方で、FIAは常に適切な規制プロセスを経てそのような可能性を閉鎖することを明らかにした。

これは、F1チームと議論し、F1コミッションとFIA世界モータースポーツ評議会を通じて、次のシーズンに向けて変更を加えることを意味する。

F1のテクニカルレギュレーションの第3.2.1条には「第3条は、他車への追従による空力性能の低下を最小限にとどめ、接近戦を可能にすることを重要な目的としている。この目的が達成されたかどうかを確認するために、競技参加者は要求に応じてFIAに関連情報を提供することを求められることがある。いかなる場合においても、これらの情報の知的財産権は競技参加者に帰属し、保護され、第三者に開示されることはない」と記されている。

2023年の変更は、両チームのデザインがレースに悪影響を与えることへの懸念によって引き起こされたのかとニコラス・トンバジスは「ルールを変更したこれらのいくつかはそのカテゴリーに属する」と語った。

「しかし、その条項(3.2)は、『あなたが賢く、解決策を見つけたら、すぐにそれを車から外すつもりだ』ということを意図したものではない。なぜ我々がレギュレーションに介入しなければならないのかについて説明しているだけだ」

「しかし、我々はまだガバナンスを通じてそれを行ってきた。『これは気に入らないので、禁止しましょう』と言う権利はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / メルセデス / アストンマーティン