FIA、2022年のポーパシング対策と2023年F1レギュレーション変更を承認
FIA 世界モータースポーツ評議会は、ポーパシング(ポーポイズ現象)を緩和するために、2022年の残りのシーズンの対策と2023年のF1テクニカルレギュレーションの変更を承認した。

ポーパシングは、2022年に導入された新しいレギュレーションで復活した新世代のグラウンドエフェクトカーとともにF1に戻り、FIA(国際自動車連盟)は、一部のF1チームやドライバーから提起された安全上の懸念が高まる中、この問題に対処しようとしてきた。

特定のF1チームは他のチームよりも大きな影響を受けており、状況はバクーやモントリオールなどの凹凸のあるサーキットで最も顕著だった。

議論は数ヶ月続いており、火曜日にFIAの世界モータースポーツ評議会は、レギュレーションの変更を承認した。

F1ベルギーGP以降、FIAはパーパシングを測定し、F1マシンが安全であると見なされるために、F1チームが特定のしきい値を下回ることを期待する。

さらに、中央フロアの厚さ測定穴周辺のプランクとスキッドの剛性要件が再定義される。2023年からはフロアエッジは15mm高くなり、ディフューザーのスロートハイトも高くなる。

FIAは、ポーパシングをより効果的に監視するために追加のセンサーを義務付ける一方で、ディフューザーエッジの剛性が増加される。

FIAのモハメド・ビン・スライエム会長は「FIAにとって安全は最優先事項であり、ポーパシング問題の分析と解決に多大な時間とリソースを費やしてきた」とコメント。

「私はこの問題をすべてのチームとドライバーと個人的に話し合った。もちろん、さまざまな競争上の立場のために意見の相違はあるが、FIAには、この現象の結果としてドライバーが負傷する過度の危険にさらされないように行動し、保証する義務があるのは非常に明白だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA