「次世代F1マシンはF2マシンのように限界で運転することになるだろう」とランド・ノリス
2022年に導入される次世代F1マシンは、F2マシンのようにナーバスに動きまわり、より限界でドライビングすることになるだろうとマクラーレンF1のランド・ノリスは語る。

現在、F1チームは2022年に導入される完全に新しいレギュレーションに基づいたマシンの開発を進めており、ランド・ノリスは、マクラーレンF1のシミュレーターで2022年の新車の初期バーションをドライブしてきた。

F1チームが、新しいF1レギュレーションのデザインコンセプトを理解するにつれて、マシンのフィーリングは進化しているが、ランド・ノリスは、次世代F1マシンがどのように異なるか、また、ドライバーのドライビングスタイルをどのように適応させる必要があるかについてすでに確固たる見解を持っていると語る。

「間違いなくわずかに異なるスタイルになるだろう」とランド・ノリスは語った。

「ある意味で運転するにはそれほど素晴らしいものではないと思う。プッシュするときなど、もう少しギリギリで走ることになると思う。ある意味、マシンとより戦っているF2に少し似ていると思う」

「でも、物事は常に変化しているし、僕が間違っている可能性はある。1か月前に運転したものが、今運転しているものとはかなり異なっているようにね。おそらく、最初のレースに到着したときには、また非常に異なったものになっているだろう」

ランド・ノリスは、マシン特性の変化は、ウイングやバージボードといった領域からではなく、ダウンフォースの多くをグランドエフェクト効果で生成するというコンセプトによって引き起こされたと語る。

「まだ開発の初期段階なので、マシンは週ごとに常に少しずつ変化している」とランド・ノリスは語った。

「でも、すべてがフロントウイングやリアウイングによるものではなく、グラウンドエフェクトカーであることによると思う。ミッドデフレクターもないし、今あるがらくたのようなものもない。すべてなくなっている」

「そうなると、マシンの感じ方や運転方法を少し変えることになる。どのようにセットアップする必要があるなどもまったく異ってくる」

2022年のF1レギュレーションの見直しは、マシン同士をもっと接近させてレースをしたいというF1上層部の願望によって引き起こされた。

ランド・ノリスは、F1の目的が達成されることを期待しているが、いくつかの妥協点も存在する可能性があることを認識している。

「彼らが来年のためにやっていることはすべて、レースなどのためにマシンをより良くしようとしているからだ」とランド・ノリスは語った。

「でも、もちろん、追従しているときの乱気流が少なければ、スリップストリームも少なくなる。ある領域でゲインするけど、別の領域で失うような感じだ。それらは互いに非常に関連しているからね。良くなることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / マクラーレン / ランド・ノリス