FIA、メルセデスF1エンジンに対するレッドブルの苦情を却下
FIA(国際自動車連盟)は、ライバルであるメルセデスF1のエンジンの運用方法に関するレッドブルからの苦情を却下した。

先月、レッドブルとフェラーリは、メルセデスがホモロゲーションルールのなかで今年のエンジンのパフォーマンスを改善させたと疑いの目を向けていることが報じられた。

「彼らによると、秘密はインタークーラーにある」とAuto Motor und Sport の特派員マイケルシュミットは明らかにし、それは圧縮空気の温度にを管理することで20馬力のゲインを得ているとした。

「問題は、空気をどこまで冷却できるか、そしてセンサーが関連する値を決定できる場所に取り付けられているかどうかだ」

しかし、レッドブルの情報筋によると、苦情は「却下された」という。

その結果、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーをツト絵mるヘルムートマルコは、ホンダのF1エンジンを搭載するチームが、現在、ストレートでメルセデスより明らかに劣っていると述べている。

「ストレートが長ければ長いほど、我々はより多くを失います。最初から最後までね」とヘルムート・マルコは語った。

それにもかかわらず、元F1ドライバーのラルフシューマッハは、マックス・フェルスタッペンが今週末のF1トルコGPでルイス・ハミルトンよりも実際にエンジンのアドバンテージを持っていると考えている。

マックス・フェルスタッペンがF1ロシアGPで新品のパワーユニットを投入してグリッドペナルティを受けたことに現きゅいうし、「新しいエンジンによって、マックスがレースに勝つと予想している」とラルフ・シューマッハは スカイ・ドイチェランド に語った。

「しかし、ルイス・ハミルトンが米国でエンジンを変更すれば、米国で反撃すると予想している」

しかし、ラルフ・シューマッハは、マックス・フェルスタッペンを2021年のチャンピオン候補と見なしており、誰になってほしいかという「好みはない」と主張する。

「支持者というわけではない」とラルフ・シューマッハは言った。

「どちらのドライバーも本当に驚異的で、本当にユニークなものをもたらしている。私は自分の予測を立ててはいるが、結果がどうなるかについては非常に興味深い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / レッドブル / メルセデス / FIA