FIA会長 「次世代F1マシンは雨の中でレースができる設計が必要」
FIA会長のジャン・トッドは、今年のF1ベルギーGPの大失敗を繰り返さないように、次世代F1マシンは雨のなかでレースができるように設計する必要があると語る。

先月、スパ・フランコルシャンで開催されたF1ベルギーGPは、スタート前から豪雨に見舞われ、最初のフォーメーションラップを数周した後、3時間以上の赤旗中断となり、セーフティカーの後ろでさらに2周を完了して中止となった。

最新のF1マシンと幅広タイヤによって生み出される高レベルのダウンフォースは、ウェット走行でより多くの水しぶきが空中に撒き散らし、視界が悪くなりすぎる。

ジャン・トッドは、将来この問題に対処する必要があると考えており、次の主要なルールの見直しが計画されているとき(新しいパワーユニットが導入される2025年以降の可能性が高い)には、雨天時の走行を考慮に入れる必要があると語る。

「スパでのレースをしないという決定を批判する人は多かったが、スタート後、10台のマシンによる事故が発生し、ドライバーが負傷したり、さらに悪化していたら彼らはどうしただろう」とジャン・トッドは説明した。

「我々は虐殺されただろう。そして、怪我がなくても批判されただろう。2025年のレギュレーションでは、雨の中でも運転できるマシンを用意することを考えなければならない」

「1976年の富士での(ニキ)ラウダを覚えているだろうか? 彼は雨の中でのレースを放棄した唯一のドライバーだった。今日ではすべてのドライバーがラウダのように考えている」

F1ベルギーGPは、特にレーススピードでの実際のラップが完了しなかったにもかかわらず、ハーフポイントが付与されたことでいくつかの論争を引き起こした。

元F1ドライバーでDTM(ドイツツーリングカー選手権)の代表を務めるゲルハルト・ベルガーは、F1は雨のなかではレースをしない、もしくは条件が理想的ではないときにもプッシュをするかを選択する必要があり、現在の

DTMのボスであるゲルハルトベルガーは、F1は雨の中でレースをしないか、条件が理想的でないときにプッシュするかを選択する必要があると考えており、現在の中途半端な状態は誰にとっても良くないと語る。

「正直なところ、同情しない」とF1ベルギーGPについてゲルハルト・ベルガーは語った。

「私の意見では、雨の中でレースをするかどうかを事前に決める必要がある。アメリカでは(楕円形で)ウェットレースをしないことに決めた。これは問題なく、誰もが知っている」

「しかし、F1はかつてそれらを行っていたし、DTMでも雨の中でレースをしている。モータースポーツは危険であり、視界の点では難しいふぁが、レインレースを支持することにした場合は対処しなければならない」

「滑りやすいときや水が多いときは、スピードを落とすだけだ。それは我々のゲームの一部だ」

「結局、スパは非常に悪かったのかもしれないが、最初はウェットレースが行われるべきではない理由は見当たらなかった」

「セーフティカーの後ろでのスタートは私にとっては同じことだ。同意しない。雨の中でもスタンディングスタートをする必要がある。最初のコーナーに低速で近づくほど危険性は低くなる。フライングスタートはより多くの水とより少ない視界となる」

「セーフティカーの後ろで2周して、スタンディングスタートをすればいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA