F1 2018年のF1世界選手権
2018年のF1世界選手権にむけた8日間にわたるプレシーズンテストが終了した。

テストの舞台となったのはF1スペインGPの舞台となるカタロニア・サーキット。前半4日間は降雪を含めた悪天候に見舞われて事実上3日間となったが、後半4日間は好天に恵まれ、より通常に近い路面温度でテストを実施した。

今年はカタロニア・サーキットの路面が再舗装され、ピレリが最も柔らかいハイパーソフトを導入したことで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、昨年のプレシーズンテストでのベストタイム(1分18秒634)を1秒以上上回る1分17秒182を記録して非公式ながらトラックレコードを更新。ベッテルは全ドライバーで最多となる643周を走り込んだ。フェラーリは、2番手にも0.39秒差でチームメイトのキミ・ライコネンが続き、フェラーリがタイムシートの上位2つを独占してテストを終えた。

一方、メルセデスは一度もハイパーソフトを使用せずにレースシミュレーションを実施。重い燃料でも安定して1分19秒台を記録。チームとしてはダントツで最多となる1040周を走り込み、信頼性の高さを示した。

トロロッソ・ホンダは、全チームで3番目に多い822周を走破。後半4日間は1台のパワーユニットで498周を走行。最終日こそパワーユニットのデータに異常が見つかってテストを早めに切り上げることになったが、8日間のテストでホンダの2018年F1パワーユニット『RA618H』は高い信頼性を示している。タイム的にもピエール・ガスリーがハイパーソフトで7番手タイムを記録。トップ10争いに期待をもたせた。

対照的にマクラーレンはトラブルに見舞われるテストとなった。ホイールナット、エキゾーストのボルト、バッテリー、オイル漏れ、ターボの故障など複数の信頼性トラブルが発生。全チームで最も少ない599周しか走れなかった。これはセバスチャン・ベッテル一人の走行距離にも満たない。しかし、最終日にはフェルナンド・アロンソが全体の3番手タイムとなる1分17秒784を記録。フェラーリ以外では唯一の1分17秒台を記録し、ポテンシャルを垣間見せた。

2018年 F1プレシーズンテスト 総合タイム

順位ドライバーチームDayベストタイムタイヤ
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ71分17秒182HyperSoft
2キミ・ライコネンフェラーリ81分17秒221HyperSoft
3フェルナンド・アロソマクラーレン81分17秒784HyperSoft
4ダニエル・リカルドレッドブル61分18秒047HyperSoft
5カルロス・サインツルノー81分18秒092HyperSoft
6ケビン・マグヌッセンハース71分18秒360SuperSoft
7ピエール・ガスリートロ・ロッソ71分18秒363HyperSoft
8ルイス・ハミルトンメルセデス61分18秒400UltraSoft
9ロマン・グロージャンハース81分18秒412UltraSoft
10バルテリ・ボッタスメルセデス51分18秒560UltraSoft
11ニコ・ヒュルケンベルグルノー51分18秒675SuperSoft
12ストフェル・バンドーンマクラーレン71分18秒855HyperSoft
13ブレンドン・ハートレートロ・ロッソ81分18秒949HyperSoft
14エステバン・オコンフォース・インディア81分18秒967HyperSoft
15シャルル・ルクレールザウバー81分19秒118HyperSoft
16セルゲイ・シロトキンウィリアムズ81分19秒189Soft
17マーカス・エリクソンザウバー71分19秒244HyperSoft
18ロバート・クビサウィリアムズ71分19秒629SuperSoft
19セルジオ・ペレスフォース・インディア71分19秒634HyperSoft
20マックス・フェルスタッペンレッドブル71分19秒942Soft
21ランス・ストロールウィリアムズ81分19秒954Soft
22ニキータ・マゼピンフォース・インディア11分25秒62Medium

ドライバー別 周回数&走行距離

順位ドライバーチーム周回数距離
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ6432933km
2バルテリ・ボッタスメルセデス5842719km
3ルイス・ハミルトンメルセデス4562123km
4ピエール・ガスリートロ・ロッソ4522104km
5カルロス・サインツルノー44420677km
6マックス・フェルスタッペンレッドブル4191950km
7マーカス・エリクソンザウバー4111913km
8ケビン・マグヌッセンハース3801769km
9シャルル・ルクレールザウバー3751746km
10エステバン・オコンフォース・インディア3721732km
11ブレンドン・ハートレートロ・ロッソ3701722km
12ダニエル・リカルドレッドブル3641694km
13セルゲイ・シロトキンウィリアムズ3541648km
14ニコ・ヒュルケンベルグルノー3511634km
15ランス・ストロールウィリアムズ3431597km
16ストフェル・バンドーンマクラーレン3361564km
17セルジオ・ペレスフォース・インディア3171476km
18ロマン・グロージャンハース3141462km
19キミ・ライコネンフェラーリ2861331km
20フェルナンド・アロソマクラーレン2631224km
21ロバート・クビサウィリアムズ122568km
22ニキータ・マゼピンフォース・インディア22102km

マシン別 周回数&走行距離

順位 マシン周回数走行距離
1メルセデスW0910404814km
2フェラーリSF71H9294324km
3トロロッソ・ホンダSTR138223826km
4ウィリアムズFW418193812km
5ルノーR.S.188153794km
6ザウバーC377863659km
7レッドブルRB147833654km
8フォース・インディアVJM117113310km
9ハースVF-186943231km
10マクラーレンMCL335992788km

エンジン別 周回数&走行距離

順位 マシン周回数走行距離
1メルセデスM09257011963km
2フェラーリ062 EVO240911214km
3ルノーR.E.18221710320km
4ホンダRA618H8223826km


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン