F1 Halo 2018年のF1世界選手権 ウィリアムズF1
ウィリアムズの技術責任者を務めるパディ・ロウは、2018年に導入されるHaloは空力面よりも重量面でF1マシンに影響を与えることになると警告。体重のあるドライバーにさらなら妨げになることを危惧している。

2018年からF1マシンにはコックピット保護デバイスのHaloの装着が義務づけられる。Haloによる影響を最小限に抑えられればライバルに対してパフォーマンス面でのゲインを見つけられるため、全F1チームににとって設計は重要な考慮点となる。

パディ・ロウは、F1マシンの全体的なバランスとスピードを損なうことなく空力構成にHaloデザインを効率的に取り入れるという挑戦については受け入れているが、2018年のマシン開発ではデバイスの重要の方が大きな要因になると指摘する。

「人々があまり話していない最大のことはおそらく重量だ」とパディ・ロウはコメント。

「コンポーネントとしてだけでなく、負荷に耐えるための構造も非常に重い。パフォーマンス的には空力的な影響を無視できるほど重視されるだろう」

パディ・ロウは、F1グリッドで体重のあるドライバーが、体重が軽く、身長の低いドライバーよりもハンデを背負うことになることを懸念んしている。

2018年のF1マシンの最低重量はHaloの搭載を考慮して6kg増加されるが、それだけでは全ドライバーに公平に適用するには不十分だとパディ・ロウは考えている。

「重量制限が実施されたが、影響を受ける量ではないので、そこが全チームにとって挑戦となる理由だ」とパディ・ロウは述べた。

だが、2018年のウィリアムズにとっては重量問題はそれほど厳しい挑戦にはならないかもしれない。すでに残留が決定しているランス・ストロールは、F1ドライバーの平均的な体重であり、有力候補とされているセルゲイ・シロトキンとロバート・クビサも体重の心配はない。

ウィリアムズは、2018年のドライバーラインナップの最終決定は来年まで行われないことを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン